転職が頭をよぎったらこの記事▶

会社をバックレるとき退職届を出すべき理由とは?提出方法は郵送がおすすめ

会社をバックレたんだけど退職届は出さなくてもいいのか、今更ながら心配になってきた・・・

会社を辞めるならバックレはあまり褒められた方法ではありません。

ですが、会社に耐えきれずすぐにでも退職したいと思って辞めた時、退職届を出し忘れていたというのはよくあるケースです。

結論からお伝えすると、退職の意思を示さずバックレてしまったのなら簡易書留で退職届を郵送しましょう。

簡易書留で送ると退職届を送った証拠になり、受領拒否の対策にもなります。

バックレてしまうくらい、今の会社が嫌だったと思うので郵送で十分です。

今回の経験を活かして、次の会社選びではあなたの希望にあった会社選びをしましょう。

自分で選ぶと失敗するかもしれないので、転職のプロである転職エージェントと一緒に会社選びをすることをおすすめします。

おすすめは業界№1のリクルートエージェントです。

あなたに合う会社を一緒に選んでくれるので次はいい会社に巡り会えますよ!

>>リクルートエージェントはこちら

目次

会社をバックレる時に退職届が必要な理由とは?

そもそもですが、会社を辞める時になぜ退職届が必要なのかをお伝えします。

法律上、退職は口頭でも成立

実は法律上では退職は口頭でも成立するとされています。

実は法律上では、退職願や退職届の提出は義務づけられていません。退職の意思表示さえすれば一定期間経過後に退職(労働契約の解除)ができると規定されているため、法律の観点からすると絶対に必要な書類、というわけではないのです。

引用:enworld

じゃあ出さなくていいね!

そう思いますが、後々言った・言わないのトラブルが起きる可能性があります。

会社をバックレる時に退職届が必要な理由がこの言った言わないのトラブルです。

例えば、本人は月末に退職したい意思だったのに会社は月初の退職にしていて給料が思ったより振り込まれていないなどが容易に考えられます。

辞めた本人にとっても希望と違う退職日になるなどは不本意だと思いますのでトラブルにならない様に退職届は出しましょう。

就業規則に記載

退職届を出さなければならない理由としては、会社の就業規則に記載されているからです。

どの会社も就業規則には記載されているはずです。

会社はルールにしたがって、提出を求めてきます。

それに、さきほどの言った・言わないのトラブルは会社側からも避けたいので退職届やそれと同等のエビデンスを求めます。

例えば、退職者が直前になって退職の撤回をしてきたりとか、直前に1ヶ月退職を伸ばしてほしいとか言ってきて、すでに退職の手続きをすましている時にはどうしようもないですよね。

そんな時に余計なトラブルにならないためにも会社は退職届を出してほしいのです。

もちろん、辞める本人からしてもそんなトラブルで苦労したくは無いと思いますので退職届は出しましょう。

会社をバックレる時は退職届の提出はどうしたらいい?

では、バックレる時には退職届はどうしたらいいのでしょうか?

当ブログではバックレは退職代行サービスを使わない限りはおすすめしていません。

ですが、すでにバックレてしまった方や退職代行サービスを使う前提の方に方法をお伝えしますね。

会社に置いてくる

1つ目の方法は退職届をあらかじめ作成して辞める日に会社に置いて帰ることです。

自分のデスクでも構いませんし、上司のデスクに置いておいても構いません。

これで、バックレても会社は本人が退職するものだと認識できます。

仮に何もせずにバックレてしまうと会社は体調不良で休んでいるなど万が一の事を考えてしまいます。

会社に退職届を置いてバックレるリスクは、「そんなの受け取っていない」と嘘を言われてしまう事です。

嘘を付くような会社だと確かに辞めた方がいいですが、もしそういわれてしまったら次の方法をとりましょう。

簡易書留の郵送で送る

2つ目の方法は簡易書留の郵送で退職届を出すことです。

簡易書留を使えば、郵送された記録が残るため退職届を出した照明にもなります。

退職届が受理されない(拒否されている)場合でも退職は可能ですが、退職の手続き(※)が進まないため、書面で提出したことを証明する必要があります。提出したことの証明としては、配達記録付き内容証明郵便を用いるなどの方法があります。

引用:doda

すでにバックレてしまって会社から退職届の要求があったり、保険証や離職票の手続きを早くして欲しいなどの時には退職届をすみやかに提出しましょう。

この方法が確実で簡単です。

退職届はこちらのURLからダウンロードし、印刷して郵送しましょう。

>>【社労士監修】退職願・退職届の正しい書き方(テンプレート・手書き版・封筒の書き方見本あり)

退職届を書きに来いと言われたらどうしたらいい?

では、退職届を書かずにバックレて書きに来いと言われたらどうしたらいいでしょうか。

その点についても意見を記載させていただきます。

指示通り書きに行く

1つ目の方法は指示通り書きに行く事です。

方法としてお伝えしましたが、退職届以外に給料を受け取るなどメリットがある場合のみ指示に従ってもいいです。

なぜならバックレてから会わないはずだった上司や同僚にまた会うことになるからです。

そんなの嫌に決まってますし、説教されるとかになるとたまりませんよね。

ですので、書きに行くのは給料をもらうなどメリットがない限りはおすすめできないです。

拒否して書留郵送で送る

退職届を簡易書留の郵送で送ることが無難です。

書きに行って上司や同僚から説教されるリスクもないですし、簡易書留で送ることで提出した証明にもなります。

郵送料金に+320円かかりますが、わざわざ出向いて提出するよりかは全然いいでしょう。

もし退職届を書きに来いと言われて行くメリットが何もないなら簡易書留で送りましょう。

退職届はこちらのサイトからダウンロードして書くといいですよ。

>>【社労士監修】退職願・退職届の正しい書き方(テンプレート・手書き版・封筒の書き方見本あり)

会社をバックレた人の退職届に関する体験談

会社をバックレた人で退職届を出していなかった方の体験談をお伝えします。

20才 女性

無視をしましたが職場から何度も電話が来ることが嫌になります。さらに、退職届が郵送で送られてきたので、それを書く手間、郵送する手間がありました。

21才 男性

一日に何度も着信が鳴っていてほどんど無視をしていてまして、退職届とか制服は郵送して送りました。給料は振り込まれていたので良かったです(笑)

どちらの方も退職届は郵送で出されていますね。

わざわざ出しに行くことも効率が悪いので郵送で出しましょう。

次はもっといい会社にめぐり会うために

次の会社では、バックレた会社よりも自分に合う会社に入って、キャリアを積み重ねられるといいですよね。

会社探しは自分だけで進めると間違った選択をしてしまうかもしれません。

自分に合う会社に入るためにはどうしたらいいのかをお伝えします。

転職エージェントを使おう

次の会社探しには転職エージェントを使う事がおすすめです。

転職エージェントは転職のプロが非公開求人を紹介してくれるので、良い会社に巡り合える可能性が高まります。

転職エージェントで可能なこと
  1. キャリアの相談
  2. 転職サイトに公開されていない求人の紹介
  3. 応募書類の添削
  4. 模擬面接などの面接力UP対策
  5. 応募企業からの面接のフィードバック
  6. 内定時に年収などの条件交渉

転職サイトが悪いわけではないのですが、プロの目線を交えながら選んだ方がミスマッチが起こりづらいです。

なので、転職するなら転職エージェントを使いましょう。

おすすめの転職エージェント

おすすめの転職エージェントですが、全国に対応していて、求人数が多い転職エージェントがこちらです。

20代などの若い世代にとっても求人数はたくさんそろっているので、あなたに合う求人を紹介してもらえますよ!

おすすめの転職エージェント
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    定番の転職エージェント!迷ったらまずはここに登録でOK
  • マイナビエージェント
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    20代に信頼される転職エージェント№1。はじめての転職も安心
  • doda
    【公式】https://doda.jp/
    6つの診断ツールで分析!自分の得意を見つけたい人はここ
  • パソナキャリア
    【公式】https://www.pasonacareer.jp/
    希望と求人のマッチング力はピカイチ!寄り添ってもらいたい人はここ
コウヘイ

どれがいいか迷っちゃうな~

タカヒロ

であれば、最初はリクルートエージェントに登録されることをおすすめします。

まずはここに登録でOK!

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

 転職支援実績№1!業界最大手で理想の求人に出会えます

おすすめの理由

  1. 全年齢・全国に対応で希望の求人が見つかる
  2. 転職支援実績№1なため転職ノウハウや市場情報が得られる

\ かんたん3分で登録完了! /

タカヒロ

その他、転職エージェントをもっと見たい方は以下の記事もご覧ください。

>>20代におすすめの転職エージェント

>>30代におすすめの転職エージェント

まとめ

バックレた時に退職届はどうしたらいいかについてお伝えしました。

結論をお伝えしますと、簡易書留で郵送で送りましょう。

退職届を出さないとトラブルのもとになります。

実際にバックレた人も郵送で送っていましたね。

本当はバックレるような辞め方はおすすめしていませんが、バックレてしまってから退職届はどうしたらいいかと気になられた時の対処法としてお伝えしました。

次の会社では自分と合う会社を選べるように転職エージェントを使いましょう。

おすすめは業界№1のリクルートエージェントです。

たくさんの求人からあなたにあった優良な求人を紹介してくれますよ。

まずはここに登録でOK!

リクルートエージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

 転職支援実績№1!業界最大手で理想の求人に出会えます

おすすめの理由

  1. 全年齢・全国に対応で希望の求人が見つかる
  2. 転職支援実績№1なため転職ノウハウや市場情報が得られる

\ かんたん3分で登録完了! /

タカヒロ

その他、転職エージェントをもっと見たい方は以下の記事もご覧ください。

>>20代におすすめの転職エージェント

>>30代におすすめの転職エージェント

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる