エクセル初心者におすすめの本!買っちゃダメなものも合わせて紹介!

エクセルをちゃんと勉強して使いたいから初心者向けの本が欲しいんだけれども何がいいんだろう?

そう思っている方、エクセルの教科書的な本はたくさんあるのですが、「教科書」と言っても初心者向けとそうではない本がいろいろ存在しています。

中には、初心者向けと言われているものでも、まだエクセルを使いこなせていないような方にとってはとても難しいような本もあります。

ちゃんと1から体系的に学びたいという方にとって、いきなり関数や応用技の本を見ても正直チンプンカンプンになるんですよ。

なので、エクセルの初心者向けの本でも、どういった方にはこの本がおすすめ!というのがありますので、おすすめできる本をご紹介していきますね。

目次

何故初心者には本が必要か?

  • ネットでは断片的
  • 順序だてて学べる

ネットでも確かに情報は得られます。

しかし、断片的であることが多くて、体系的に学ぶことが難しいです。

まだエクセルを満足に使えない初心者なら、順序だてて体系的に学べますので、初心者に教本が1冊あると安心です。

タカヒロのアイコン画像タカヒロ

初心者の本でも、私が見て「これいいやん!」って思う知識が多いです。
やはり体系的に学んでおけばよかったと思いました。

これが当てはまればエクセル初心者!

当てはまったらエクセル初心者
  • エクセルを立ち上げたことしかない
  • 関数がわからない
  • 関数を少ししか使えない
  • やりたい操作が手順書を見ながらになる
  • エクセルに苦手意識がある
  • 表やグラフを作るのが難しい

エクセルの初心者と言っても、自分で自覚があったら初心者でいいと思います。

特に苦手意識があったら初心者用の本がおすすめです。

逆に、操作ができているつもりでも使えている機能が少ないなら初心者かもしれません。

タカヒロのアイコン画像タカヒロ

関数を使いこなせていないなら・・・初心者かもしれません

本当に初めての方向けのエクセル本

前置きが長くなりましたが、本当の初心者におすすめする本をご紹介します。

Excel 2019 やさしい教科書

この本は本当に初心者に向けた本です。

初めの章の2つ目「エクセルを起動/終了する」など超初歩から始まります。

そこまで解説する??って感じのやさしさなので、初心者にはおすすめの本だと感じました。

基本的な操作を知らないのに職場で必要にせまられ使わないとならず教本が欲しいと思っていました。

EXCELで何ができるかさえ知らなかったので、概要から説明してくれているのがありがたいです。

練習用ファイルをwebページからダウンロードできます。

そこから始める事が出来るので、何もない状態から何をどう入力しようかと考えるのすら手間取る初心者には助かります。

他の教本と比べることができないのですが、読みやすいと思います。

索引以外カラーページで、図解が画面の大半を占めており、わかりやすいです。

引用:Amazon
タカヒロのアイコン画像タカヒロ

各ページのデザインや見やすさなども個人的には好みでした。
とても見やすいです

できるExcel 2019 Office 2019/Office 365両対応

この本もかなりの初心者向けです。

内容的にはどの順序でどう教えているかになるのですが、セルの結合などの超基礎部分も網羅されています。

基本がよくわかる内容。カラーで見やすい。字も大きい。表の使い方簡単な計算式の仕方が丁寧に書いてある。特に結合は便利であることがよくわかる。基本をやりたい人はぜひ。

引用:Amazon

触ったことはある、仕事で使いたい

Excel 最強の教科書

この本は少しはエクセルを操作できる方向けに感じます。

1章目から操作ができる前提の内容となっています。

少し使った事がある方なら、非常に興味深い内容なのですが、まったくの初めての方は少し難しいかもしれません。

windows95世代のEXCELにて専修学校のEXCEL検定取得レベルの身ですが、目から鱗の内容が多々ありました。
ある程度、EXCELを使用する仕事をされている方にとって、良書かと思います。
この手の技術書は、やはりデジタルブックより紙面の方が、いいです。
付箋を付けたり、手書きの追記をしたり。
私は、購入して、損だとは、思いませんでした。

引用:Amazon

関数は「使える順」に極めよう! Excel 最高の学び方

この本もある程度エクセルが使える方を対象です。

全くのエクセル初心者だと難しく、SUM関数などを使った事がある方がより効率よく使える技が書いてあります。

ある程度知識がある人に次に仕事の効率の良いエクセルの使い方を記載されています。他の参考書より図や説明が分かりやすく書かれていました。出来れば、マクロ・VBAについても説明が有れば良かったはずです。基礎的な知識に本書のノウハウを組み合わせることでデータを扱うエクセルがより便利なものになります。

引用:Amazon
タカヒロのアイコン画像タカヒロ

日々エクセルを使っている方のプラスアルファでの知識になる内容ですよ!

初心者にはおすすめしない本(中級者以上におすすめ!)

エクセル初心者に逆におすすめしない本はマクロ・VBAやVLOOKUPなどの応用の関数をバンバン載せている本です。

タカヒロのアイコン画像タカヒロ

のちのち使えると業務は超効率化しますが、初心者だと意味わかりません

意味が分からない内容だと読むモチベーションも失せますので読めません。

例えば、こういう本は初心者は買っちゃだめです。

例えば、このエクセルの本は非常に興味がわくタイトルなのですが、内容はマクロの事なので初心者が読むには難しすぎます。

結果、買っても無駄になってしまうので初心者はマクロやVBAなどの本は買わないようにしてください。

まとめ

エクセル初心者へおすすめする本をご紹介してきました。

初心者が選ぶポイントとしてはこういった点を気を付けてください。

エクセル初心者用の本を選ぶ時のポイント
  • 関数の応用などの本ではない
  • マクロ・VBAにはまず手を出さない
  • 「エクセルの開け方・保存の仕方」くらいの初歩まで解説してあるもの

仕事でエクセルを使っていても、使える関数やグラフが少なければ初心者用を使って見られることをおすすめします。

初心者用の本でも、意外な気づきがあるので10年エクセルを使っている私も読んでためになりました。

まずは、1冊準備されてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる