▶おすすめの転職エージェントはこちら

休日出勤が多すぎてむかつく。もう休出したくないと感じた時に取る4つの方法

この記事でわかること
  • 休日出勤が嫌でたまらない今の状況からどうしたらいいのかをお伝えします。
  • 休日出勤が多いのは会社・職業が原因である事が多いです。
  • その原因に対して、どのような対処をすれば休日出勤を減らせられるかをお伝えします。
コウヘイ

何で休みの日に仕事しなくちゃいけないんだ、意味がわからん。

ヒロキ

プライベートの予定もあったのに、これじゃ休みの意味がないやん。

休日出勤が多いと余計なストレスも抱えてしまいますし、プライベートも無くなってしまいます。

ですが、それらは休日出勤が無ければ起きることもないことですよね?

休みの日を休日らしく過ごせればストレスもなく、プライベートの時間も持てるのが当然の事です。

つまり、休日出勤をしている今が異常である事なんです。

この記事では、どうすれば異常な休日出勤を減らせられるのか、誰でもできる方法をお伝えしていきます。

目次
この記事の著者
アイコン・タカヒロ
タカヒロ
  • 自動車業界の営業職を9年経験
  • 2回の転職を経験
  • 趣味:格闘技とドラクエウォーク

休日出勤をしたくないと感じるのは普通です

まず休日出勤をしたくないと感じるのは普通の気持ちです。

休日はサラリーマンであれば当然取れる権利であり休む事が当たり前だからです。

ですが、休日出勤がこのまま続いてしまうとこのような事にもなりかねません。

  • プライベートが犠牲になる
  • 体調を崩す
  • ワーカーホリック

それに、休日出勤の原因は会社の体質や職業、仕事量によるものがほとんどです。

例えば、会社の体質的に「休日出勤は当然」みたいな会社に勤めているとその文化がその会社の中では普通になってしまっているのです。

このように、原因は様々ではありますが、休日出勤を無くすためにはこれらの方法を具体的に取る事が考えられます。

  • 断固として拒否
  • 仕事を周りに手伝ってもらう
  • 職種を変える
  • 会社を変える

こうする事で休日出勤に対して具体的な対処ができますよ。

休日出勤が多いままだと・・・

サービス残業

今の休日出勤が多い状態が続くとこんな状態になります。

プライベートが犠牲になる

まず今もそうだと思いますが、プライベートの犠牲は今後も続きます。

家族を持たれていると家族サービスもできません。

例えばお子さんが運動会の時に「仕事だからいけないんだ」と行事に参加できない事も十分あり得ます。

また、独身だったとしても休日の日中何もできないので趣味の時間を楽しんだり、友人と遊ぶこともできません。

「いや、それがうちの会社の場合普通なんですよ」と思ったら要注意です。

会社に搾取される沼に片足突っ込んでいると思ってください。

休日出勤のない会社なんてこの世にめちゃくちゃたくさんありますし、休むのは当然の権利なのです。

体調を崩す

休日出勤が多い今の状態は当然ですが、物理的に休む時間が少なくなっています。

長時間労働にも値しますので、体調を崩す可能性が高くなります。

具体的には体だと心臓や脳に不調が出る事もありますし、心が疲れてしまってうつ状態になることも十分あり得ます。

何をするにも体が資本ですので、体調を崩してまで仕事を続ける事はしないことです。

余談ですが、心がやられてしまい休職となったら住宅ローンの審査が数年通過しなくなります。

仕事以外のところにも影響出ますので、体調を崩すくらいなるので休日出勤の多さには注意が必要です。

ワーカーホリック

ワーカホリックとは、仕事を意味するワーク(work)とアルコール中毒(alcoholic)を組み合わせた造語です。

仕事中毒と訳されますが、仕事をしていないとどうも落ち着かない状態になってしまう事ですね。

休日も仕事をしていると、ワーカーホリックになる可能性が高いです。

そうなると、休む事も罪悪感を感じてできなくなってしまうので、結果的に体調不良やプライベートの犠牲にもつながってきます。

ワーカーホリックのせいなのか、休日出勤が重なるせいなのかがはっきりできませんが、ワーカーホリックになるといいことは無いので、やはり休日出勤を続ける事は避けたいですね。

休日出勤が多い原因とは?

悩む

休日出勤が増えてしまっている原因はどこにあるかをまずは把握して、そこから対策していきましょう。

会社の体質

会社の体質が残業当たり前、休日出勤当たり前の体質の会社だと多くなります。

一応法律で休日出勤や長時間労働は規制されているのですが、それでもやる会社はやります。

例えば、イベントが土日にあるから出て欲しいとかですね。

そう言った特別な事だから出てと言う会社はボチボチあります。

それが耐えられないくらいにストレスに感じる事ももちろんありますよね。

仕事量が多い

一人当たりの仕事量が多い事も原因の一つになります。

物理的に考えて仕事量が多すぎると残業しないと片付きませんし、残業でも片付かないと休日出勤という事もありえますね。

  • 短納期の仕事が多い
  • 仕事量と人員の数が合っていない

など、仕事の内容や人員が不足しているなどといった場合に休日出勤が多くなる事がありますね。

会社の体質のところにも関係しますが、それでも人員を増やしてくれない会社の考え方にも問題がある可能性がありますね。

関連記事:毎日残業が当たり前なのは絶対おかしい!耐えるとつらいので対策を!

職業

職業で差を付けたくは無かったのですが、休日出勤が多い職業はどうしてもあるようです。

例えば、僕が見かけている中ではこのような職業で休日出勤が多い印象です。

  • 教師
  • クリエイティブ職

教師は家に持ち帰って仕事をしていることも多いですし、土日も終わらなかった仕事やプリントを作っています。

クリエイティブ職はデザイナー等がそうですが、正解がない仕事は長引いてしまう傾向がありますね。

論理では説明できないものですから。

あくまでイメージですが、職業で休日出勤が多い・少ないは若干傾向があると感じます。

ホワイトな会社では職種は全く関係なく休日出勤なんて全くない会社もありますが。

休日出勤を無くす4つの方法

嬉しい

休日出勤をなんとか止めるための方法をお伝えします。

断固として拒否

最初にお伝えする方法は休日出勤を言い渡されたら断固として拒否するというものです。

タカヒロ

ですが、これはあまり現実的な方法ではありません。

「この日を休日出勤しなければ、非国民扱いされる」くらい、会社が重要と感じている仕事で出勤するなら断ることも心情的に正直厳しいです。

もし休日出勤をさせない前提で仕事を動かしているのだったら、会社も残業などで対処しますしね。

ですので、あまり現実的な方法ではないかもしれません。

ただ、休日出勤することが当たり前で「また今日も?ちゃんと仕事もできているのにおかしくない?」という状態なら断固として拒否してみることも一つの手です。

強要される場合はパワハラに当たる場合もありますから、まずはお断りをさせていただくことから始めてみましょう。

仕事を周りに手伝ってもらう

休日出勤を減らす方法として、周りに仕事を手伝ってもらい仕事量を減らす事も方法の一つです。

あなた自身の仕事量が多くさばけない状態である場合はとることができる方法ですね。

この方法も職場の人数など条件は限られると思いますので必ず誰しもが解決できる方法であるかはわかりません。

ですが、本当に困っているくらい仕事量が多いなら同僚に助けを求めた方がいいです。

特に、自分だけ仕事量が多い状況であると、偏っている事は間違いないので。

タカヒロ

僕も経験がありますが、些細な仕事でも手伝ってもらうことで楽になることはたくさんあります。

ですので、まずは少しでも手伝ってもらえる様になると状況は改善できます。

職種を変える

職種を変える事も方法の一つです。

原因の一つに職業的に休日出勤がどうしても多くなってしまう職業があることはお伝えしたと思います。

職種を変えることをお伝えした理由は、違う職業に転職すると驚くほどに仕事量が違って休日出勤が無くなるというケースも実際にはあり得ます。

先ほど例に上げた教師などは休みの日にも部活であったり行事の準備などで仕事に関わる事をやらざるを得ないので、教師から別の仕事に変わったら大きく労働条件も変わります。

ですので、異業種への転職も視野に入れてみられる事もおすすめですよ。

会社を変える

会社の体質的に休日出勤が多い会社であれば、会社を変える事も方法です。

同じ職種でも会社が違えば全くと言っていいほど変わるケースが多々あります。

(30代女性 医療業界→医療業界)

時間外業務が多く、深夜帯の呼び出し、早朝の呼び出し業務がありました。また、月に1回は休日業務があり、不規則な生活と日々のストレスのせいで体調を崩しがちになりました。

このままでは家庭との両立ができないと思い、転職を決めました。

転職後は呼び出し業務もなく、定時に仕事を終わることができるので規則正しい生活をすることができています。

土日も休みのため体をゆっくり休めることができ、子供との会話の時間も増え、毎日穏やかな気持ちで過ごすことができています。

例えば営業職でも残業・休日出勤当たり前の会社があれば、残業がほとんどない会社もたくさんあります。

貴方が思っている以上にたくさん会社はありますし、思った以上に転職で労働条件は良くなります。

根本的に解決するなら転職して会社や職種を変える事が一番の方法だと感じますよ。

会社探しをするなら転職エージェントに登録することをおすすめします。

タカヒロ

最初にリクルートエージェントに登録するのが無難ですよ。

おすすめの転職エージェント(全て完全無料)

 リクルートエージェント

業界最大の転職エージェント!迷ったらまずはここに登録でOK

【公式】https://www.r-agent.com/

 doda

6つの診断ツールであなたを分析!自分の得意が見つかっていないならここ

【公式】https://doda.jp/

 パソナキャリア

希望と求人のマッチング力はピカイチ!寄り添ってもらいたい人はここ

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

 JACリクルートメント

年収600以上のハイクラスの求人多数!薦めたい転職エージェント№1

【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

 マイナビエージェント

20代に信頼される転職エージェント№1

【公式】https://mynavi-agent.jp/

職種・会社を変えるなら転職エージェント

ビジネスマン

今の状態を根本的に変えるなら、転職がおすすめです。

さらに、転職するときには転職エージェントを利用される事をおすすめします。

転職活動をフォローしてくれる

今の状態では、仕事が多く転職活動もなかなか気が回らない状態だと思います。

そういった状態でも、今転職のために何をするべきか、効率よく転職するためにしっかりフォローしてくれます。

なので、忙しい人でもブレずに転職活動を進める事ができます。

「休日出勤がない」など条件を出せる

転職エージェントでは、非公開求人を紹介してくれます。

その時に、残業や休日出勤がほとんどない会社を希望して紹介してもらう事も可能です。

今のあなたの希望を叶えるために動いてくれるので、しっかり条件を出すことで希望に合った会社を見つけてくれますよ。

二人三脚で活動できる

転職エージェントを使えば転職のサポートもしてくれるので心強いです。

転職活動は孤独です。

就職活動と違って同じタイミングで一斉に活動するわけではないので、自分一人でいろいろと考えて準備することになります。

転職サイトを利用して転職活動することも可能ですが、やり方が合っているか、書類や面接のできを評価をして欲しい場面では役立ちません。

いい会社に最短で内定をもらうためにも、書類や面接の力を上げる必要があるんです。

転職エージェントを利用すると無料で書類の添削や模擬面接をしてくれますので、利用すると効率的に活動できますよ。

このように寄り添って進めてくれますので、居てくれたら頼りになる存在です。

タカヒロ

まずは登録から始めましょう!

\迷ったらリクルートエージェントでOK/

おすすめの転職エージェント(全て完全無料)

 リクルートエージェント

業界最大の転職エージェント!迷ったらまずはここに登録でOK

【公式】https://www.r-agent.com/

 doda

6つの診断ツールであなたを分析!自分の得意が見つかっていないならここ

【公式】https://doda.jp/

 パソナキャリア

希望と求人のマッチング力はピカイチ!寄り添ってもらいたい人はここ

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

 JACリクルートメント

年収600以上のハイクラスの求人多数!薦めたい転職エージェント№1

【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

 マイナビエージェント

20代に信頼される転職エージェント№1

【公式】https://mynavi-agent.jp/

まとめ

休日出勤が多いと理不尽さを感じますし、言いようの無い無力感を感じますよね。

今の状態をどうにかしたいと思っているなら、今そうなっている原因は何なのかを見つめてみましょう。

会社の体質、仕事量、職業、などに原因がある事がほとんどです。

そこでできる対策はこれらです。

  • 拒否する
  • 仕事を手伝ってもらう
  • 職業を変える
  • 会社を変える

今何か行動しないと今の状態からは抜け出せません。

もし、原因が会社や職業にあり、それに耐えられないなら転職を考えてみてください。

実際に転職するかは内定が出てからで構わないので、世の中に休日出勤や残業が少ない会社がどれくらいあるかを見てみる事をおすすめしますよ。

\迷ったらリクルートエージェントでOK/

おすすめの転職エージェント(全て完全無料)

 リクルートエージェント

業界最大の転職エージェント!迷ったらまずはここに登録でOK

【公式】https://www.r-agent.com/

 doda

6つの診断ツールであなたを分析!自分の得意が見つかっていないならここ

【公式】https://doda.jp/

 パソナキャリア

希望と求人のマッチング力はピカイチ!寄り添ってもらいたい人はここ

【公式】https://www.pasonacareer.jp/

 JACリクルートメント

年収600以上のハイクラスの求人多数!薦めたい転職エージェント№1

【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

 マイナビエージェント

20代に信頼される転職エージェント№1

【公式】https://mynavi-agent.jp/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる