転職が頭をよぎったらこの記事▶

もう限界!明日にでも仕事を辞めたい時に即日退職できるシンプルな方法とは?

コウヘイ

もう限界、明日にでも仕事を辞めたい。でもそんな事できるの?

これまで長い間仕事での辛い出来事にも耐えてこられて、もう限界ですよね。

明日にでも辞められたらこの苦しみから解放される・・・そう思うとすぐにでも辞めたいお気持ちはとてもわかります。

結論からお伝えしますと、会社が認めてくれたら明日にでも退職可能です。

就業規則は1~2か月前、法律では2週間前に退職を申し入れたら退職できる事になっていますが、会社が認めてくれたら即日でも可能です。

職場の事も気がかりだと思いますが、今のお気持ちを率直に伝えて退職できるように進めましょう。

とはいえ、辞めたいと伝えてその日に辞めさせてもらえるか、会社から拒否されたら交渉できるか正直心配だと思います。

そんな時に退職代行ガーディアンを使えば、あなたに代わって退職を伝えたり退職日を交渉してくれますよ。

権利のある労働組合が対応してくれるので安心して確実に辞められます、24時間受け付けているので、相談してみてください。

>>退職代行ガーディアンはこちら

目次

明日仕事を辞めたいけど悩んでしまう理由とは?

明日にでも仕事を辞めたいけど、なかなか一歩が踏み出せない。

そう悩まれる理由はいろいろとあります。

たくさんの方が同じように悩まれているので、読み進めてください。

直接辞めることを言いづらい

明日辞める事を直接上司に言いづらいからどうしようか悩まれるケースもあります。

2か月後に辞めるとかならよくあるケースですが、明日となると急すぎてどう思われるか心配になりますよね。

正直なところ、辞めるなら数か月先でも明日でも言われる側からすると大きくは変わりません。

引継ぎや人員補充などが心配されるくらいです。

人員補充は会社がやる事なのであなたには関係ありません。

あなたは引継ぎを求められるかもしれませんので、そこだけ対応できればOKです。

言い方がわからない

明日辞めるにしても、どう言ったらいいのかがわからないのも悩むポイントですね。

理由はどういう理由にしたらいいのかな?

どう切り出したらいいのかな?

など、言い方に迷って先に進めないならこういいましょう。

お話があるのですが、一身上の都合で退職いたします。明日にでも退職させてください。

話せるなら理由を話てもいいですが、引き止めに合うだけなので理由は特に話す必要はないでしょう。

辞めて職歴に傷が付かないか不安

新卒で入った会社を辞めると経歴に傷が付かないか心配になられるかもしれません。

ですが、1回くらいの転職で経歴に傷が付くなんて事はありませんので心配ないです。

転職が当たり前の時代ですし、著者も3回転職していますが東証1部上場の会社に在籍しています。

20代で何回も転職しているならキャリアに一貫性がないと思われてリスクになるかもしれません。

ですが、1~2回の転職はざらにありますので全く気にしなくて大丈夫ですよ。

非常識ではないかと不安

明日突然辞めるのは非常識ではないかと不安になるお気持ちもわかります。

会社からは驚かれるかもしれませんが、気にする必要はありません。

それとは別に、あなたが辛いことに耐えてもう限界なことの方が重要です。

タカヒロ

私も経験上、突然来なくなった同僚も居ました。非常識とは思わずとても心配したくらいです。

なので、周りにどう思われるかより、自分の体を大事にしてまずは辞める事を考えて良いですよ。

本当に辞められるか心配

明日には仕事を辞めたいけど、本当に辞められるのかわからずに不安に感じられているかもしれません。

次の章でもお伝えしますが、すぐに退職するのは会社が認めてくれたら可能です。

法律的にも2週間前に伝えたらOKとなっていますが、大丈夫なので明日辞める事も可能ですよ。

自分で伝えても会社が取り合ってくれないかもしれませんので、明日にでも辞めたいなら退職代行サービスを使う事をおすすめします。

明日仕事を辞めたいけど辞められる?

明日にでも仕事を辞めたいけれど、本当に辞められるでしょうか。

就業規則、法律の話をして、本当に辞められるのかをお伝えしますね。

就業規則

会社には就業規則というルールが記載されているものがあり、そこに退職には何日前に通知することと記載されています。

会社によってバラバラですが、就業規則では1~2ヶ月前に退職を伝える事になっています。

これだけ見ると、明日辞めたくても退職できないと思われるかもしれません。

ですが、大丈夫ですので読み進めてみてください。

法律

法律では退職の2週間前に通知をすれば良い事になっています。

就業規則よりも法律の方が拘束力は強いので、2週間前でも大丈夫です。

ですが、法律でも2週間前なので明日にでも辞めたいお気持ちとはズレていますよね。

ですが可能になるケースはありますので、次にお伝えしますね。

即日退職ができるケース

即日に辞めることができるのは、会社が認めてくれればその日に辞めることができます。

他にも、法律上は2週間前に通知なので、退職を伝えて2週間は有給休暇を消費させてもらう事で即日退職も物理的には可能です。

ですが、会社的にも引継ぎをしないと業務に支障が出るなどという理由で辞めるのを先に伸ばされるかもしれません

そこが注意ですね。

バックレは絶対止めよう

何も言わずにバックレてしまおうとするのは絶対に良くないです。

バックレはその日から会社に行かなくできますが、こういうデメリットがあります。

  • 自宅に来られる
  • 引継ぎができず損害賠償請求される
  • 懲戒解雇になり転職に支障が出る

など、本当に良くないのでバックレはいけません。

バックレたいくらい追い込まれているなら、退職代行サービスを使って即日退職しましょう。

後の人生に大きく響きますので、バックレだけはダメです。

退職の流れ

通常だと退職のプランを考えて退職日を決めるのですが、もう明日にでも辞めたいという状況なのでそこは飛ばします。

STEP
辞意を伝え、退職届を出す

明日にも辞めるため、退職届を準備しておきましょう。そして明日上司に辞意を伝え退職届を出しましょう。

STEP
最終出勤日の調整

もう出社するのは明日までにしたいですが、有休消化を含めて退職日を調整します。

有休消化ができれば、その分給料ももらえるのでできれば消化したいですね。

STEP
引継ぎ

退職届が受理されれば、引継ぎです。

自分の仕事がちゃんと後任に引継ぎできるように引き継ぎ書を作るなどの作業に入ります。

STEP
退職

これで円満に退職できます。

明日仕事を辞められるシンプルな2つの方法

では、明日にでも仕事を辞める方法をお伝えします。

単純ですが、この2つです。

  • 方法1:直接伝えて理解してもらう
  • 方法2:退職代行サービスを使う

方法1は正攻法です。

普通に辞める時と同じ方法で明日辞めさせて欲しいと伝えるので、会社と交渉になるかもしれません。

長期化してしまうと、辞めたくても辞められないので私のおすすめは方法2の退職代行を使う方法です。

どちらもメリット・デメリットをお伝えしていますのでご覧ください。

方法1:直接伝えて理解してもらう

直接上司に明日にでも辞めたい事を伝えましょう。

  • 電話
  • 直接合って伝える

この2つが望ましいです。

理由を聞かれる場合もありますが、話したくなければ「一身上の都合で」と伝えて深くは答えなくても大丈夫です。

理由を言わなくても辞めることは大丈夫なので、心配しないでください。

これで認めてもらえたら退職できます。

メリット

直接伝えるため、ちゃんと会話できればお互いの納得感はあります。

自分で直接伝えるため、気持ちを伝えることもできますのでスッキリとするかもしれません。

デメリット

デメリットとしてはこのようなデメリットが考えられます。

  • 引き止めに合う可能性
  • 直接伝える気まずさ
  • パワハラ気質な上司だと責められるかも

辞める時には直面するのですが、ルールに則っても直接伝えるとこのようになりますね。

方法2:退職代行サービスを使う

明日にでも辞める事ができる方法のもう一つの方法が退職代行サービスを使う事です。

自分で伝えるより退職代行を使うと即日辞められる可能性は高くなりますよ。

2~3万円のお金を支払う必要はありますが、自分でその日中に辞めたいと会社に伝えなくて済むので精神的な負担がだいぶん減ります。

もう限界であれば、検討していいサービスなので心配しないで使ってみてください。

相談は24時間可能で無料です。

メリット

退職代行を使うとこのようなメリットがあります。

  • 即日辞めることも可能
  • 仕事先の人と会う必要がない
  • 確実に辞められる
  • 未払いの残業代・給料を請求できる

直接顔をあわさずに退職できるのは会社の人と会うのがストレスで無理な方にとってはとてもありがたいです。

それだけではなく、未払いの残業代の請求もしてくれますし、有給消化のサポートもしてくれます。

自分だけでは退職時にここまではできないのでとても助かりますよ。

デメリット

退職代行を使うデメリットとしてはこのようなことがあります。

2~3万円の費用がかかる

正直なところ、退職代行を利用するデメリットは費用がかかるくらいです。

それ以外は確実に退職させてくれたり、もう会社の人とは合わなくて済むのでデメリットが本当にありません。

1点注意点があるとすれば、退職の交渉を行なう権利がない業者もいるため注意です。

労働組合や弁護士が運営している退職代行であれば大丈夫なのですが、一部の業者はそうではないため注意してください。

このブログでお伝えする退職代行サービスは労働組合や弁護士が運営している業者なので安心して使ってもらえますよ。

おすすめの退職代行

おすすめの退職代行サービスは退職代行ガーディアンです。

労働問題を取り扱う労働組合が運営していますし、価格も29,800円と良心的です。

口コミも良いので、使うなら退職代行ガーディアンですね。

他にも比較のために何社かお伝えします。

金額で選んでもいいですし、サイトの雰囲気で選んでもらっても大丈夫です。

相談はLINEで可能でどこも無料なのでまずは相談してみてください。

\ 即日退職も可能 /

>>退職代行ガーディアンの口コミ・評判はこちら

おすすめの退職代行サービス
  • 退職代行ガーディアン
    【公式】https://taisyokudaiko.jp/
    一律29,800円。労働組合が運営なので、安心。24時間365日対応
  • 退職110番
    【公式】https://aoba.lawyer/taishoku110/
    一律43,800円。弁護士事務所が運営。残業代の未払い金請求や慰謝料請求も可。
  • 退職代行Jobs
    【公式】https://jobs1.jp/
    一律29,000円。弁護士監修&労働組合対応!HPからにじみ出るやさしさ
タカヒロ

もっと退職代行サービスを見てみたい方はこちらの記事をご覧ください。

>>退職代行サービスのおすすめ業者7選

まとめ

明日にでも仕事を辞めたい時にはどうしたらいいかをお伝えしました。

会社が認めてくれれば明日にでも退職可能です。

会社側も業務の引継ぎや人員の確保やと理由を付けて引き止めてくると思いますので、強い気持ちを持って辞める意思を伝えましょう。

しかし、今かなり精神的にも辛い状況で会社と交渉するのもしんどいと思います。

退職代行ガーディアンを使えば、会社との交渉もしてくれますし確実に退職できますよ。

これ以上余計なストレスが無くなり、新しい道にすすめますので使う事を検討してみてください。

24時間無料相談ができます、LINEで相談できるのでまずは連絡してみてください。

\ 即日退職も可能 /

>>退職代行ガーディアンの口コミ・評判はこちら

おすすめの退職代行サービス
  • 退職代行ガーディアン
    【公式】https://taisyokudaiko.jp/
    一律29,800円。労働組合が運営なので、安心。24時間365日対応
  • 退職110番
    【公式】https://aoba.lawyer/taishoku110/
    一律43,800円。弁護士事務所が運営。残業代の未払い金請求や慰謝料請求も可。
  • 退職代行Jobs
    【公式】https://jobs1.jp/
    一律29,000円。弁護士監修&労働組合対応!HPからにじみ出るやさしさ
タカヒロ

もっと退職代行サービスを見てみたい方はこちらの記事をご覧ください。

>>退職代行サービスのおすすめ業者7選

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる