▶おすすめの転職サイトはこちら

単身赴任の家計は赤字でやばい!貴方は苦しい二重生活に耐えられるのか?

コウヘイ

転勤になって単身赴任になったら家計は大丈夫なんだろうか?

会社から手当が出るとはいえ、今の住まいと単身赴任先の二重生活になると家計が大丈夫か心配になりますよね。

実際、二重生活になると家計は苦しくなる方向です。

僕の周りの単身赴任をしている人は苦しそうにされていました。

では、具体的にどのような収支になっているのかなどお伝えしていきたいと思います。

関連:転勤は絶対嫌だ!メリット・デメリットの比較で見えた転職したほうがいい人

目次

単身赴任の家計!単純計算だと大幅赤字に

単身赴任になった場合、家計はどうなるのかシミュレーションしてみます。

年収500万円の夫と月8万円のパートの妻、子供1人の場合で計算してみますね。

  • 収支
  • 単身赴任手当

単身赴任時の家計収支

総務省統計局の家計調査を元に、支出を算出しました。

住居部分は家族で住めるくらいの住居2LDKほどで考えてざっくり10万円として入れています。

月の収入金額はボーナス分を入れて計算しています。

収入
32万円
8万円
収入合計/月40万円
支出
食費6万円
住居費(家賃)12万円
水道・光熱費1.5万円
日用品1万円
美容・服飾費1万円
保険・医療1万円
交通(車含む)・通信5万円
教育・教養1万円
お小遣い・趣味5万円
雑費2万円
支出合計34.5万円
収支+4.5万円

通常の生活をする上では収支はプラスですね。

続いて、この家族が夫が単身赴任になってしまった場合がこちらです。

収入
32万円
8万円
単身赴任手当4万円
収入合計/月40万円
支出家族単身合計
食費5万円4万円9万円
住居費(家賃)12万円12万円
水道・光熱費1.5万円1万円2.5万円
日用品1万円1万円2万円
美容・服飾費1万円1万円2万円
保険・医療1万円1万円2万円
交通(車含む)・通信5万円1万円6万円
教育・教養1万円1万円2万円
お小遣い・趣味4万円1万円5万円
雑費2万円1万円3万円
支出合計33.5万円12万円45.5万円
収支-1.5万円

二重生活になってしまうと、単身赴任先の家賃・単身赴任手当が出ても収支はマイナスです。

少し食費部分は減ると思いますが、他の項目はほとんど変わりません。

まとめますとこの様になります。

収入支出収支
通常40万円35.5万円+4.5万円
単身赴任44万円45.5万円-1.5万円
差額+4万円+10万円-6万円

まとめ部分で見ていただくと、単身赴任になると収支としては-6万円分の赤字になってしまうことがシミュレーションできます。

単身赴任手当

とはいえ、会社も転勤を命じ、単身赴任になった際には手当を出します。

  • 住宅費:全額負担
  • 単身赴任手当:生活費に相当
  • 帰省手当:出るところは月1回分ほど

これらの手当が出ます。

大事なのは単身赴任手当帰省手当の部分です。

タカヒロ

ここが多いか少ないかで家計が赤字になるからです。

そして、収支表には記載していませんが、毎週自宅に戻る事を考えると帰省費用がかかります。

家庭を維持するためには必要なので、ここが本当に費用がかかってしまうところです。

単身赴任で家計が苦しいと感じる実例紹介

給料明細

同じ会社の単身赴任者が経験されていた事をお伝えしますね。

  • 年収が上がり税金が増える
  • 毎週帰ると交通費がかさむ

年収が上がり税金が増える

単身赴任になり、手当や住宅費用が支給されると単純に年収が上がります

例えばですが、700万円から800万円に年収が上がるが、可処分所得は変わらないという事ですね。

可処分所得が変わらないけれど、年収が上がると住民税や所得税が増えます。

そのため、年収が上がり、税金が増え、支出も増えているため可処分所得が減ってしまいます。

この税金分は単身赴任をして年収が上がらなければ払う必要のないものなので、正直損していますよね。

交通費か家庭崩壊かのトレードオフ

会社によっては月1回分の帰省手当が出るところもあります。

ですが、子供が小さいときなどは手がかかりますし、月1回だけの帰省では奥さんの負担が多すぎることもあります。

そのため、毎週帰るとなると交通費がどんどんかかってきます。

例えば大阪から東京に転勤になり、1月4回帰る場合を想定するとこの様な費用になります。

交通手段費用/月
新幹線117,760円
夜行バス40,000円
東京~大阪間・1ヶ月4回帰った場合で試算

例えば、大阪~東京間の移動になると、新幹線だと片道14,720円×往復2回×4回=117,760円です。

これだとお金が持たないので、夜行バスにすると片道5000円×往復2回×4回=40,000円

タカヒロ

夜行バスでも4万円になるわけです。

夜行バスだと半分以下になりますが、体はくたくたです。

このように、帰省にもお金がかかり、しかも体力も削られてしまうので毎週帰るには大変です。

ですが、帰らないと家族の負担は増すばかり。

家庭崩壊にもつながりかねないのです。

このように、帰省費用と家庭崩壊がトレードオフの関係になっているので、非常に困ります。

苦しい二重生活に耐えられるか?

家計が赤字になっても単身赴任に耐えられるかどうか、非常に難しいですよね。

選択肢としてはこのようなやり方があります。

  • 貯金を切り崩す
  • 副業
  • 転職

貯金を切り崩す

貯金を切り崩し二重生活を続けるのが一つの選択肢です。

タカヒロ

ですが、これはとても苦しいです。

毎月貯金が減っていくだけで、将来のための蓄えが無くなる一方だからです。

僕の先輩は貯金を切り崩して生活されていました。

ですが、費用がかかる一方なので貯金がどんどん無くなっていくと話されていました。

単身赴任をしている方はおそらくほとんどこのような方なのかと思います。

このままでは少し辛すぎるので何か対処をされた方が良いと思います。

副業

対処法の一つとして、副業をして収入を増やすことです。

理由はかんたんで、出ていく支出があるなら補填するために収入を増やすためですね。

ただ、副業といっても仕事をしつつ副業をすることになるので時給で働くアルバイトは難しいです。

毎日何時に仕事が必ず終わるとも限りませんので、「週何回入って欲しい」という要望には応える事も難しいと思います。

ですので、おすすめは在宅でできるクラウドソーシングです。

クラウドソーシングとは、自分のスキルを提供して報酬を得る方法で、ライティングの仕事やデザイン、データ入力などがあります。

自宅で可能で、自分のスキルさえあれば収入を増やすチャンスなので、一度登録されて見てみられることをおすすめします。

これら2社が有名で、よく利用されますよ。

クラウドワークス

ココナラ

転職

単身赴任で家計がまわらないという状態で、単身赴任があと何年続くかわからない場合は転職されることも選択肢の一つです。

家計がマイナスのままだと、続けば続くほど赤字になってしまいますので。

それに今は転職が当たり前の時代になっています。

タカヒロ

20代はもちろん、30代でも転職は当たり前ですよ。

僕も転職の経験がありますが、上手く転職できれば前の会社よりもいい条件で入る事もできますよ。

しかし、転職は不安だと思います。

自分ひとりで何をしたらいいかわからない事も多いと思いますので、転職エージェントを利用されることをおすすめします

転職エージェントは無料で利用できるサービスで、非公開求人を紹介してくれたり、転職の相談に乗ってくれたりします。

転職活動は孤独にもなりますし、プロのアドバイスは必要だと思いますので利用されることをおすすめしますよ。

登録・利用は完全に無料なので、登録だけでもされておかれることをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

まずはここに登録!業界最大級の転職支援実績No.1の転職エージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

doda

転職者満足度№1!約10万件の求人からあなたに合う会社を

【公式】https://doda.jp/

JACリクルートメント

年収600以上のハイクラスの求人多数!薦めたい転職エージェント№1

【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビエージェント

20代に信頼される転職エージェント№1

【公式】https://mynavi-agent.jp/

まとめ

単身赴任で家計がどうなるのか、シミュレーションや実際に僕が聞いている声をお伝えしました。

会社からの手当は出ますが、手当だけで生活できるほどは出ません。

そのため、どうしても生活は赤字になってしまします。

取れる方法は3つあります。

  • 貯金を切り崩す
  • 副業をする
  • 転職する

これらの方法ですが、副業か転職を僕はおすすめします。

転職もまずは転職エージェントに転職するかしないかを相談して、どう動いたらいいかを決めると良いですよ。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

まずはここに登録!業界最大級の転職支援実績No.1の転職エージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

doda

転職者満足度№1!約10万件の求人からあなたに合う会社を

【公式】https://doda.jp/

JACリクルートメント

年収600以上のハイクラスの求人多数!薦めたい転職エージェント№1

【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビエージェント

20代に信頼される転職エージェント№1

【公式】https://mynavi-agent.jp/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる