転職が頭をよぎったらこの記事▶

私はクズなの?退職代行を使う人がクズで非常識とは言い切れない3つの理由

体力的にも精神的にも追い込まれっちゃって、退職代行を考える私はクズなのかな?

すぐ仕事を辞めてしまうとか、自分で退職ができないから、他の人と比べてしまって自分はクズだと思ってしまうお気持ちわかります。

結論からお伝えしますと、そこまで思い悩んでいるのなら退職代行を使う事はあなたは全然クズではありません。

世間的には退職するときには面と向かって退職を申し入れるのが一般的なので、退職代行を使う事に対して否定的な意見を持たれるかもしれません。

しかし、この記事をご覧いただいているあなたは退職を自分で伝えたい気持ちはあるものの、それができないから困っているのだと思います。

ストレスで体調を崩したり、辞めたくても辞めさせてもらえないなら間違いなく使ったほうがあなたの為です。

なので安心して退職代行を使うと良いですよ。

まずは退職代行サービスに相談だけでも先にしてみましょう

労働組合が運営している退職代行ガーディアンが安心感もありおすすめですよ。

>退職代行ガーディアンはこちら

目次

退職代行を使う人はクズなのか?非常識と言えない3つの理由

退職は面と向かって伝えて引継ぎをして辞めるというのが本来の退職の流れです。

ですが、それができずに退職代行を使う事がクズ人間のすることで非常識だと果たしていえるのでしょうか?

退職代行を使う人はクズだと言えない理由をお伝えしますね。

今から退職代行を使おうと考えている方は安心して読み進めてください。

体調を崩してからだと遅い

第一にストレスや過労で体調を崩してしまうとどうしようもないからです。

退職代行が非常識だと思いこんで使わずにいると、もしかしたら明日から出社できないくらい体調を崩して休職してしまうかもしれません。

長時間労働でしんどくて人が入らないから辞められないケースも同じくそうです。

過労で倒れてしまってからでは遅すぎます。

何よりも自分の体が大事ですし、会社はあなたの健康まで保証してくれません。

今退職代行を使おうか悩むくらい追い込まれているなら、もうこれ以上頑張る必要はないので使いましょう。

全然クズでも非常識でもありません、自分の体を守るための手段なので。

辞めると言い出せない会社がヤバい

そもそもですが、退職代行を使わせるくらいの会社がクズでヤバいことも考えられます。

  • パワハラ
  • 長時間労働
  • 辞めさせてもらえない

など、辞めたくても辞める勇気がストレスで持てないヤバい会社です。

体や心が疲れていると、もともと健康な人でも思ったことができなくなることが多々あります。

それが退職が言い出せないくらい心が弱ってしまう会社だと、むしろ会社が非常識なくらいひどいかもしれません。

バックレよりは全然まし

退職代行を使うのは突然明日から来なくなるバックレより全然ましです。

バックレられると会社的にもまだ来るのか来ないのかがわからない状態なので、非常に困ります。

辞める側もバックレると会社から鬼の様に電話がかかってきますし、転職に必要な離職票や健康保険などの手続きもどうなるかが想像もつきません。

最悪は損害賠償を請求される事もあります。

会社としても、辞める側からしてもバックレは最悪です。

一方退職代行サービスを使えば、辞める意思は伝わり会社も辞める前提で対応が取れます。

辞める側も有給消化もできるし、確実に辞められれ、手続き関係も確実に行なわれます。

どちらにとってもすぐに辞めるならバックレは最悪で、退職代行を使った方が100倍ましですので。

逆にこんな理由で退職代行を使う人はクズや非常識(レアケースです)

退職代行を使う人はクズじゃないと言いましたが、こんな人ははっきり言うとクズかもしれません。

レアケースですが、一応目を通してもらえればと思います。

  •  上司に指導されてなんか気分が悪かった
  •  先輩がムカつく(我慢できないレベルじゃない)
  •  退職を言うのが面倒
  •  仕事がダルイからやめよう
  •  辞めるだけでは気が済まないから迷惑をかけてやろう

見てもらえればわかりますが、身勝手で少しも自分で退職を伝えようという意思がない人ですね。

この記事をご覧になられている貴方は違いますが、こういう人たちは退職代行サービスは使ってはいけません。

退職代行を使って大丈夫な人

もしかしたらさっきのクズの方に当てはまるかも?と思ってしまわれたかもしれませんが、安心してください。

この記事をご覧になれている時点で当てはまりません。

むしろ退職代行サービスを使った方がいい人に当てはまります。

特に、こういう方は迷わず使われることをおすすめします。

限界を向かえて体調を崩す人を著者は何人も見てきました。

退職代行を使った方がいい人
  • ストレスがひどく体調がもう限界
  • 上司のパワハラでしゃべりかけるのも怖い
  • いじめがひどくて一刻も早く辞めたい
  • 残業がひどくて疲れてしまった
  • 退職を伝えたけど引き止められた人
  • 退職させてくれない場合
  • もう上司や同僚と会いたくない人

体調を崩すと復帰まで数か月かかりますし、もし休職→退職となれば次の仕事を探すのもとても苦労します。

なのて、休職する前に退職代行を使ってでも辞めた方があなたにとっていい未来になりますよ。

こんな声を聞いてまだクズだと思いますか?

著者が独自のアンケートで退職代行サービスを使った方に退職代行を使った理由を聞きました。

これからお伝えする声を読んで見て下さい。

生の声を聞くと退職代行を使うのがクズでは無いとわかりますよ。

もしかしたらあなたが退職代行を使いたいと思った理由と同じ理由もあるかもしれません。

27才 女性

自分で退職願いを出す勇気と、退職と言いにくい環境だったことが、私にとっては大きな理由だからです。入社してからずっと、上司と良い関係を築けず、会社に出社すること自体が億劫になってしまいました。会社に向かおうとすると、激しい腹痛に襲われてしまいます。なので退職代行サービスに依頼し、退職することにしました。

25才 男性

僕自身、退職する理由は精神的な理由でした。そのため会社の人に会いたくないと思って退職代行サービスを利用しました。当初は本当に精神的な面で心がいたんでいて、もう人と会いたくないし人と話したくないと思ってしまったので、どうしたら会社の人と顔をあわせずに円満に退職できるのかと友達に相談したら、退職代行サービスがあるよ。と知って、これだと思いました。

21才 男性

9ヶ月ぐらいしたときに、その前は、同僚がいじめにあい退職に追い込まれたのですが、同僚の退職後にパワハラ・いじめなどが急遽私に始まり、はじめは我慢していたのですが、次第に持病のうつ病が悪化してしまい行くのがきつくなったしまい、体調を崩す毎日、とある出勤日の日にとうとう我慢できず、途中で車を止めて退職代行を利用し、その日のうちに退職できました。

24才 男性

会社の業務が非常に激務で、さらに仕事量も自分のこなせる仕事量を超えており、転職したいなという気持ちと同時に資格を取り、転職したいという気持ちもありました。しかし、仕事の引き継ぎや上司への報告を自分でするのは困難でいつ言い出そうか半年ぐらい迷っていました。そんな時に退職代行のホームページを見つけ、これでなら問題なく退職できそうと思い、退職代行サービスを利用しました

30才 男性

今すぐにでも会社を辞めたいという思いがあり、社長からの圧力を日々感じていたので直接社長に会わずに退職できるので、退職代行サービスを利用しました。退職するまでに時間を要したくなかったので、自らで話しをするよりも退職代行サービスを介して退職を進めたほうが、素早く退職までこぎつけられると思った事も大きな理由です。

32才 女性

退職代行サービス利用半年前に管理職に昇進したのですが、仕事内容や人間関係が上手くいかず、退職したいと毎日考えていました。元々メンタル面が弱く、その頃は不眠症と適応障害で精神科に通院をしており、主治医からは休職を勧められていたものの、上司が怖くて言い出せない状況でした。退職代行の存在はなんとなく知ってはいたものの、詐欺っぽいものだろうと思っていました。しかしこの頃は精神的にかなり追い詰められており、藁にもすがる想いで、退職代行について検索、体験談を読み漁る日々でした。そしてある日曜日。明日から仕事、加えて繁忙期に突入するというタイミングで、心身ともに限界を感じ、意を決して退職代行サービスに依頼をしました。

30才 女性

転職で20社受けて不採用で落ち込んでた時に即日で内定を頂けた会社が一社あったので入社しました。オリエンテーションで契約書を渡されて内容を見ると正社員で採用されたはずなのに派遣社員としての就業という文章がありました。給料の話や雇用形態などが聞いていた話と全く違う事で不信感を感じて退職したいと思いました、しかし入社してすぐなので言いにくいと思い退職代行サービスを利用しました。

22才 女性

他の人の仕事のことで怒られたり理不尽なことを言われたりしたことが重なって、上司や社長に対して怖いという気持ちがありました。退職したいという事を伝えると怒鳴られるのは分かっていたので、怖くて自分では言えませんでした。辞めることを伝えてから実際に退職するまでの仕事も苦痛に思って、代行サービスですぐに辞めたいと考えて利用しました。

退職代行を使う手順

退職代行を使う手順は簡単です。

手順

STEP
LINEで相談

まず、自分の使いたい退職代行サービスのページに行き、LINEで相談をします。

このブログでは退職代行ガーディアンをおすすめします。

STEP
退職するかを決める

無料相談で退職理由など詳しく相談して退職をするかどうかを決めます。

STEP
支払い

退職を決めたら業者の指示に従って支払いを進めます。

STEP
退職代行スタート

退職を申し込めば支払いを行なった後に退職代行業者が会社とやりとりを始めてくれます。

退職に関わる書類、退職届や引き継ぎ書などは退職代行業者の指示にしたがって準備していけば無事に退職できますよ。

何と言われようと退職代行は使っても大丈夫

このように退職代行サービスを使う手順は簡単です。

世間から退職代行を使う人はクズだとか非常識だとかそんな事を言われるのは本当に真に受けなくて大丈夫す。

悪いのはあなたをそこまで追い込んでしまった会社です。

責任転嫁でもなんでもなくこれは事実ですから。

まずは会社を辞める事に専念して行動しましょう。

また悩んでしまう前に行動を

おそらくこの記事を読んだ後にどうしようかと考え始めるとまた周りの目を気にされたりと悩んでしまう可能性が高いです。

コウヘイ

クズじゃないって分かった、でも本当にいいのかな・・・

と悩んで進めなくなってしまいます。

そうなると、そのままズルズル辞められずに体調を崩してしまうかもしれません。

辞めるか辞めないかまだ決まっていないかもしれませんが、まずは退職代行サービスに相談してみてください。

無料で相談できますので、今の悩みを聞いてどうしたらいいかを相談しましょう。

おすすめの退職代行サービス

おすすめの退職代行サービスですが、労働組合か弁護士が対応する退職代行サービスを利用してください。

そうでないと、会社と交渉ができないからです。

世の中にはいろんな退職代行業者がありますので、ご自身で見分けが難しいと思います。

このブログでは労働組合や弁護士が運営する評判のいい退職代行業者を比較しています。

これらの退職代行業者がおすすめです。

おすすめの退職代行サービス
  • 退職代行ガーディアン
    【公式】https://taisyokudaiko.jp/
    一律29,800円。労働組合が運営なので、安心。24時間365日対応
  • 退職110番
    【公式】https://aoba.lawyer/taishoku110/
    一律43,800円。弁護士事務所が運営。残業代の未払い金請求や慰謝料請求も可。
  • 退職代行Jobs
    【公式】https://jobs1.jp/
    一律29,000円。弁護士監修&労働組合対応!HPからにじみ出るやさしさ

その中でも一番は退職代行ガーディアンがおすすめです。

労働争議に特化した労働組合が運営しているため、非常に信頼できます。

\ 24時間・365日無料相談が可能/

>>退職代行ガーディアンの口コミ・評判!労働組合が運営なので安心・確実!

他にも、退職代行サービスを見てみたい方はこちらの記事からご覧ください。

>>退職代行のおすすめ業者!信頼できる労働組合・弁護士を厳選紹介

まとめ

退職代行サービスを使う人はクズで非常識なのかをお伝えしました。

退職は顔を合わせて直接本人が退職届を出すのが普通なのは確かです。

ですが、それもできないくらい追い込まれてしまっている方が退職代行サービスを使うのはクズでも非常識でもありません。

もし使わずに辞められずにいると体調を崩してしまうかもしれませんから。

退職代行サービスを使うならこのブログでは退職代行ガーディアンがおすすめです。

労働争議を専門に扱う労働組合が運営しているため、安心です。

相談は24時間無料なので、今からでも全然大丈夫です。

また迷ってしまう前に、相談してみてください。

\ 24時間・365日無料相談が可能/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる