▶おすすめの転職サイトはこちら

まさかの転勤!車はどうする?売却・移動・カーシェアなど必要性に応じて考えよう!

コウヘイ

転勤になったとき今乗っている車はどうしよう?

転勤ありのサラリーマンで車を持っている方なら一度は考えた事がある内容だと思います。

実際に、僕は車を持っている時に転勤になりました。

タカヒロ

僕は実家に放置して転勤そしたら、勝手に売られていました(笑)

と、僕のケースはレアですが、転勤になった時に車がある時はどうしたらいいか、お伝えしたいと思います。

関連:転勤は絶対嫌だ!メリット・デメリットの比較で見えた転職したほうがいい人

目次

転勤になった時、今の車をどうする?

自動車

転勤になった時に今持っている車をどうするか、けっこう大事な問題だと思います。

方法としては、4つあります。

それぞれケースによって最適な選び方がありますので、「こういう場合ならこうしたらいい」という形でご紹介したいと思います。

  1. 都会(東京・大阪・名古屋など)に転勤:売る
  2. 車に愛着がある、転勤先でも乗る:持って行く
  3. 車はおいておきたい:実家に置いておく
  4. 都会でも車に乗りたい:売る&転勤先でカーシェア

この4通りです。

車に愛着があるかどうか、金額面で問題なさそうか、転勤先で乗るかという3点で考えました。

転勤時に車を売るメリット・デメリット

まず一つ目の方法として、車を売る時のメリット・デメリットをお伝えします。

メリット
デメリット
  • 不要な駐車場代がかからない
  • 車の固定費が無くなる
  • 不本意な売却
  • 転勤先で車に乗れない

メリット1:不要な駐車場代がかからない

まず都会に車を持って行くと駐車場代が家賃レベルに高いです。

東京で2~10万円/月くらいの費用がかかります。

大阪・名古屋でも都心部は2~5万円します。

このように、転勤先が都会で住む場所の駐車場代が非常に高額な可能性があります。

そのため、転勤と言われた際に車を売るとこの余分な駐車場代金の負担が無くなるのがメリットですね。

メリット2:車の固定費が無くなる

駐車場代はこれまで以上にかかる費用ですが、車を売ることで今まで支払ってきた固定費が無くなります。

  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • 自動車税
  • 任意保険
  • 車検代

人にもよりますが、2~3万円ほどは固定費部分が無くなります。

単純にこれだけ無くなれば家計も大きく変わりますので、うれしさの一つではありますね。

デメリット1:不本意な売却

デメリットの一つとしては、愛車を不本意に売る事です。

タカヒロ

僕も苦労して今の車を買ったので、手放したくないというお気持ちはわかります。

気持ちの面でもそうですし、買ってすぐの場合だと「リースしていた方が安かった」という事も思ってしまします。

会社都合で車を手放さなければならないのは不本意ですよね。

デメリット2:転勤先で車に乗れない

2つ目のデメリットは転勤先で乗る車が無くなります。

今は気軽に乗れていると思いますが、転勤先で車に乗りたいと思った時にはレンタカー等をする必要が出てきます。

東京だと電車異動で完結するので車に乗る必要も無いかもしれません。

タカヒロ

でも少し遠出をしたり、家具・家電などの買い物をしたいときには車がほしいですね。

こういった少しの不便は感じると思います。

転勤の時に車を持って行くメリット・デメリット

では、逆に転勤の時に車を持って行く場合のメリット・デメリットをお伝えします。

転勤先が都会か、そうでないかでデメリット部分が全然変わるので注意してくださいね。

メリット
デメリット
  • 愛車に乗り続けられる
  • 買いなおしが不要
  • 都会だと駐車場代UP
  • 運転して運ぶ
  • 手続き関係

メリット1:愛車に乗り続けられる

1つ目のメリットは今の愛車にそのまま乗り続けられる事です。

車が好きな方はこれまで乗って来られた車に愛着もあると思います。

タカヒロ

僕もそのタイプで、転勤となった際には売るのを迷いますね。高い買い物でしたし。

なので、車に思い入れのある方や売る事に抵抗がある方は持って行くことで愛車に乗り続けられますよ。

メリット2:買いなおしが不要

もし転勤先で車が必要な場所、例えば田舎に住む場合は車が必須です。

なので、愛車を持って行けば新たに車を買いなおす必要が無くなります。

例えば九州から東北への転勤だと車を持って行くのは大変ですが、買いなおす事を考えたらどうにかして運ぶ事で余分な費用発生がなくなりますね。

デメリット1:都会だと駐車場代UP

車を持って行くデメリットとしては、転勤先が都会だと駐車場代が上がります。

そのため、単純に固定費が増大して家計が苦しくなってしまいます。

それが大きなデメリットですね。

ですが、これは都会に限定される話です。

田舎への転勤だと、駐車場代は数千円の場合が多いのでそこまで気にする必要は無いと思います。

デメリット2:赴任先まで運ぶ

2つ目のデメリットとしては、転勤先まで車を運ばなければならない事です。

栃木から東京、岡山から大阪くらいのまだ近めの転勤であれば運転して赴任先まで行けばいいです。

ですが、九州から東北・北海道など、かなりの遠距離になるとどうやって運ぶのかが問題です。

運転していくのか、輸送するのか。輸送でも数万円はかかります。

なので、遠距離の転勤になると車を運ぶ労力がかかりますね。

デメリット3:手続き関係

3つ目のデメリットとしては、手続き関係が発生する事です。

具体的には駐車場の契約保険などの住所変更など手続きが多く発生します。

住所変更は面倒ですが多くは1日で片付くと思います。

ですが、手間ではありますので、車を持って行く際のデメリットにはなりますね。

転勤の際に車を実家に置いておくメリット・デメリット

僕が取った方法ですが、実家に車をおいておくという方法もあります。

今の勤務地が実家と近くて、実家の敷地が広く、1台増えても何ら支障が無い場合には使えます。

メリット
デメリット
  • 車を維持できる
  • 家族が乗れる
  • 固定費がかかる
  • 実家で邪魔になる

メリット1:車を維持できる

メリットとしては、愛車をそのまま維持できます。

売る必要も有りません。

メリット2:家族が乗れる

2つ目のメリットですが、家族が貴方の車を乗ることができます。

家族に車が足りていないケースだと、貴方の車をあてがう事ができるので活用してもらうこともできます。

愛車を乗り回される事はちょっとと思うかもしれませんが、乗ってもらうことでバッテリー上がりなども無くなるのでいいのではないかなとも思いますよ。

デメリット1:固定費がかかる

デメリット部分としては、維持するための固定費がかかります。

実家に放置するだけでもこれだけの費用は発生します。

  • 任意保険
  • 自動車税
  • 車検代(2年に1回)

これだけでも月1万円程度になることもありますので、使わない車に固定費が発生してしまう事はもったいないですね。

デメリット2:実家で邪魔になる

2つ目のデメリットとしては、実家で邪魔になる事です。

誰かが乗ればまだいいですが、乗らない車が放置してあるだけになると場所の無駄になります。

タカヒロ

そうなると家族に迷惑がかかる事も考えられますので、少し考えものですよ。

僕は実家に置いておいた人なのですが、邪魔だったので勝手に売却されてしまいました。。。

古い車(初代マーチ)だったので当時は「あ、そう」くらいで思っていましたが、今乗っている車を勝手に売却されるとキツイですね。

話はそれましたが、それだけ邪魔になるという事です。

車を売り転勤先でカーシェアをする

転勤に伴い車を売り、転勤先でカーシェアリングを行なうという方法です。

都会に転勤になる方に使える方法ですね。

メリット
デメリット
  • 駐車場代など固定費がかからない
  • 乗る頻度が低いなら所有するより安い
  • 好きな時に乗れないストレス
  • 人が借りていたら使えないこともある
  • 時間が決まっている

メリット1:駐車場代など費用がかからない

まず車を売却し所有しなくなるので、車にかかる諸経費が無くなります。

  • 駐車場代
  • ガソリン代
  • 保険代
  • 自動車税
  • 車検代

など、これらの金額が無くなるので経済的にも良くなります。

逆にカーシェアでの費用もかかりますが、僕が借りていた時には今所有している金額よりかは低く抑えられました。

特に都会だと駐車場代が高額なので、カーシェアをする方がお得な場合が多いですよ。

メリット2:乗る頻度が低いなら所有するより安い

さらに乗る頻度が少ないならカーシェアリングはお得です。

基本的には月額料金と、都度使用料を時間単位で取られますが、月数回程度の利用であれば車を所有するよりかは各段に抑えられます。

タカヒロ

ざっくり比較するとこの様になります。

車所有(月額:27,000円~)
カーシェア(月額:7,040円~)
※タイムズカーシェアで計算
  • ガソリン代:5000円/月
  • 駐車場代:10,000~100,000円/月
  • 任意保険:5,000~10,000円/月
  • 自動車税:36,000円/年
  • 車検:100,000円/2年
  • 月額:880円
  • 利用料金:1760円(2h)×4回ー880円(無料分)=7040円

とこのように月額料金だけでかなりの差が出ます。

都会で車に乗りたいけど乗る頻度も少ないならカーシェアが圧倒的にお得です。

デメリット1:乗る時の手続きがストレス

デメリットとしては、乗る時に手続きをすることがストレスです。

だいたいはネットでできて、1分足らずで予約して乗る準備までできます。

ですが、車を所有している時はそんな手間もいらずにすぐ乗れます。

少しの手間ですが、「車に乗りたいな」と思った時に何も考えずに気軽に乗れなくなるのはデメリットです。

デメリット2:人が借りていたら使えないこともある

2つ目のデメリットとしては、人が借りていたら使えないケースもあります。

カーシェアリングが少ない地域だと、人がすでに借りている時があります。

タカヒロ

僕もカーシェアリングを使っていましたが、使いたいときに人が借りている場合は予定が狂いました。

すぐに乗りたいときに乗れないのはストレスですし、人が使っていたら使えないのでどうしようも有りません。

デメリット3:時間が決まっている

カーシェアリングはレンタカーと同じなので時間が決まっています。

次の人が予約している場合もあるので、決まった時間には戻さないといけません

そのため、カーシェアリングで出かけている時に、「そうだあそこに行こう!」と思い付きで行き先を増やしたりなど柔軟に利用ができないケースが多いです。

なので、予定をしっかり立てて借りる必要があります。

タカヒロ

この自由度が限られてしまう事にストレスを僕は感じていました。

なので、利用するときは限られた場合のみ利用していました。

長時間レンタルするならレンタカーの方がおすすめです。

カーシェアするなら

カーシェアをするなら、安いところや自分の住まいから近いところがおすすめです。

近くにないと、わざわざ遠くまで行こうとは思いませんので。

これらのカーシェアサービスが有名ですので、貴方に合ったものを選んで利用ください。

カレコ

タイムズカーシェア

dカーシェア

まとめ

転勤になった際に車はどうするのかという点について何点か方法を上げてお伝えしました。

転勤先にもよりますが、以下の方法それぞれいい点、悪い点があります。

  • 売る
  • 持って行く
  • 実家にあずける
  • 売ってカーシェア

転勤先が東京などの都会だと駐車場代が高いので売る以外には選択肢は無いように感じます。

都心から離れたところであれば、車は持って行くことができるかと思いますよ。

状況に応じて貴方にピッタリな選択をしてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる