転職が頭をよぎったらこの記事▶

もう迷わない!転勤か転職で悩む貴方はこの行動をとれば大丈夫!

この記事でわかること

転勤を受け入れるべきか、転職したほうがいいのかの悩みを解決することができます。

転勤は人生の大きなターニングポイントです。家庭や住む場所を大事に考えられる方は転勤のない会社に転職するケースが多いです。

この記事をご覧いただければ、転勤に対してどのように行動したらよいかわかります。

コウヘイ

マジかよ、転勤って。でも転職するのもな・・・

正直、転勤って嫌ですよね。

でもそれが理由で転職するのって本当に大丈夫なのか心配だと思います。

  • 転勤が嫌だからって理由で転職していいのか?
  • 転職ってよくわからないからちょっと不安だな・・・

とか、悩まれているから転勤か転職かで揺れ動いていますよね。

それで、色々考えてこの記事にたどり着かれたのかと思います。

はっきりお伝えすると、今の悩みはこの記事をご覧いただけると解決できます

そして、行動することが大事なので記事をご覧いただいたら今から動き始めることが非常に大事なんです。

行動しなかったらずるずると転勤を受け入れて「あの時動いていたら・・・」と後悔することにも・・・ね。

そうならないためにも、この記事では今どういう行動をとったらいいかお伝えします。

最後まで読み進めていただき、しっかり行動に移してくださいね。

目次

転勤か転職どちらを選べばよいか悩む理由

悩む

転勤か転職かどちらを選ぶにしろ「こんなはずでは」と後悔しない様にするべきです。

そうするためには、転職の心配事と転勤のデメリットを天秤にかけて転勤のデメリットの方が大きいと考えるならば転職という様な感じですね。

まず悩みの根源が何かを紐解きましょう。

転勤か、転職するか悩むポイントとどのように考えて行けばよいかをお伝えします。

  • 転勤のデメリット VS 転職のデメリット
  • 転勤のデメリット=転職せず失う未来
  • 転職はチャンスでもある
  • 転勤で生活・キャリアが成り立つかも考える

関連:転勤にメリットがない7つの理由。「嫌だから辞める」と思うのは自然です

転勤のデメリット VS 転職のデメリット

転勤と転職双方デメリット部分をお伝えしたいと思います。

転勤のデメリット
転職のデメリット
  • 単身赴任がつらい
  • 無駄な費用がかかる
  • 夫婦共働き
  • 車がある
  • 持ち家がある、買いたい
  • 友達がまったくいない土地
  • 恋人と離れてしまう
  • これまでの人脈の喪失
  • 退職金の減少
  • 年収ダウンの可能性
  • 転職後の人間関係の不安
  • 転職できるか不確実

端的にお伝えすると、転勤のデメリットは家族など自分の私生活に影響します。

それに引き換え、転職のデメリットは仕事部分に影響します。

タカヒロ

極論をお伝えすると、仕事を取るか、家族を取るかという事とも言い換えられますね。

しかし、そんな簡単な事ではないと思いますので別の章でもう少し深堀しますね。

転勤のデメリット=転職せず失う未来

転勤のデメリットは逆にいうと転職したら得られる未来になります。

スクロールできます
転勤のデメリット転職で得られる未来
単身赴任がつらい家族一緒に過ごせる
単身赴任では生活費が赤字になる生活費は変わらない
夫婦共働きが成り立たない夫婦共働きを続けられる
都会へだと車を手放す可能性車を売る必要もない
持ち家がある、買いたいが買えないマイホームに住み続けられる
友達がいない土地で寂しい友達関係は今のまま
恋人と離れてしまう(独身なら)恋人とも今のまま

転勤という岐路に立たされた状態の転職では、表の右側部分が転職することでのメリット部分になります。

通常の転職では、考えられない部分ですが転勤と転職を天秤にかけると転職のメリット部分が浮き彫りになってきます。

転職はチャンスでもある

転職にフォーカスしてお伝えすると、家族を大事にすると同時に自分の仕事のキャリアアップなどにもつなげられる可能性があります。

タカヒロ

例えば、今のスキル・経験を武器にして同業他社に転職するなどです。

また、年齢などの制限はあるかと思いますが異業種へのチャレンジもこの機会にできます。

なので、転勤と言われるタイミングが自分のキャリアを見つめなおして新たな道を踏み出すタイミングと考えてもいいですね。

転勤で生活・キャリアが成り立つかも考える

転職は転勤に対してはメリットが大きいのですが逆に、転職しなくても良いケースも考えるべきです。

タカヒロ

転職だけが選択肢になってしまうと良い判断とは言い切れません。

例えば1~2年で元の場所に戻してもらえるケースだと一時期は割り切って受け入れる事も選択肢の一つです。

転勤の経験が出世の条件になっている会社もあります。

例えば出世には転勤が必要で1年程度で戻れる事が約束されているのであれば、一度転勤を受け入れて出世街道を上って行かれるのも選択肢の一つです。

そのため、転勤の条件やメリット部分も天秤にかけて判断されることをおすすめします。

僕の場合は、出世は捨て出世での年収UP分は副業で稼ぐ事を心に決めているため転職します。

重要!転勤した方がいい人・転職した方がいい人

いろんな悩みはつきませんが、こんな人は転勤した方がいい、転職したほうがいいというのをお伝えしますね。

正直、年齢部分や会社に対する思いの部分が大きいです。

転職が一般的になっている今、転職をリスクと考える事がほとんど無いので。

転勤した方がいい人

転勤した方がいい人はこんな人です。

転勤した方がいい人
  • まだ今の会社で頑張りたい人
  • 今の会社が好きすぎて残りたい人
  • 40才を超えていて、内定がまだとれていない人

転勤したほうがいい人というのは、正直なところ今の会社にメリットを感じる人しか居ないと思います。

今転勤が嫌だって思っているわけですよね?

転勤が嫌な理由って、転勤先が嫌、今の職場を離れるのが嫌など色々理由があると思います。

そんな中で、今も会社を好きで居られるでしょうか?

そんな転勤が嫌な気持ちよりも愛社精神が上なら残った方がいいです。

でも愛社精神とか無く、転勤するメリットを感じられないなら転勤はおすすめできません。

タカヒロ

私は正直愛社精神があったり、周りの人も好きでしたが自分のやりたい事に進むために辞めました。

唯一ですが、40代以降の方は転職活動中で内定をもらっていない方は転勤したほうがいいです。

残念ながら年齢で求人の数は落ちてしまいますので、次の転職先が決まっていないと経済的にリスクがありますので。

転職した方がいい人

転職した方がいい人はこんな人です。

転職した方がいい人
  • 新しいキャリアを築きたい
  • 自分でキャリアを考えたい
  • 転勤先の土地や仕事が受け入れられない
  • 家族、友達を大事に思っている
  • 20代・30代

こんな人は転職をしたらいいですね。

仕事面、人間関係面で自分の希望通りに行かないことは非常にストレスを感じます。

タカヒロ

自分の人生なので、会社に人生をコントロールされたくないって私なら思っちゃいます。

例えば、営業のキャリアを重ねたいのに総務になったとかだと、営業のキャリアは途絶えてしまいます。

そうなると、自分の力を伸ばせなくなるので自分のキャリアは自分で決められるようにした方が今後の将来を考える上では絶対いいです。

転勤はプライベートの人間関係も変わってしまいます。

特に、ご結婚されている場合は家族にも負担がかかってしまいますよね。

まだあなたが20代・30代なら転職先はたくさんありますので転職しても大丈夫ですよ。

転勤と言われた際に取るべき4つの方法

辞令

先ほどの分類で「転職した方がいい人」に該当する方向けですが、今あなたができる行動をお伝えいたします。

まず大前提は、「今の職場のまま居れたらベスト」という前提でお話しますね。

  • 拒否を申し入れ&転職活動スタート
  • 拒否できない時の対処1:退職届を出す
  • 拒否できない時の対処2:転勤を一次的に受け入れて転職活動
  • 拒否せずに退職

拒否を申し入れ&転職活動スタート

まず、転勤の拒否を申し入れしましょう。

そして同時に転職活動をスタートさせましょう。

拒否と同じタイミングで転職活動をスタートさせると、もし交渉がうまくいかなかったときのリスクを最小限に抑えられます。

正当な理由かどうかも大事ですが、何もしないと転勤が決まってしまいます。

内示段階だとまだ話を聞いてくれる可能性はありますが、辞令が出てしまうとくつがえりません。

会社を辞める決断をするにも物事を整理する必要があるでしょうから、まずは内示段階で拒否しましょう。

関連記事:転勤を拒否するための納得の断り方5選!正当な理由がないと絶対失敗するよ

拒否できない時の対処1:退職届を出す

転勤が拒否できない状態なら退職届を出して転職活動を続けましょう。

転職先が決まるまでの時間的なリスクがありますが、今の土地に住み続けたいなら転勤してからの転職活動は移動に非常に労力がかかります。

退職までの期間は会社の就業規則で記載されていて、一般的に退職の1~2ヶ月前に退職届を提出することになると思います。

そして、転職エージェントに聞くところ転職活動の期間は平均で3ヶ月程度はかかると聞いています。

なので、引継ぎを兼ねて3ヶ月~4ヶ月後に退職という事で退職届を提出して、そこから転職活動をスタートさせる事が方法の一つですね。

転職活動の期間が伸びてしまうリスクがあるのですが、今できることはこういった事になります。

関連記事:【実話】転職先が決まってないけど退職しても大丈夫!内定5件取れました

拒否できない時の対処2:転勤を一次的に受け入れて転職活動

転勤を一次的に受け入れて転職活動を続けるのも方法の一つです。

これは、転職活動が長引いてしまうリスクを考慮した時の対応方法です。

もし転職先がなかなか決まらずに退職日を迎えてしまうと離職期間中の収入が無くなってしまいます。

それをリスクと考えるなら、一次的にでも受け入れて転勤先で転職活動を行なうのも方法の一つです。

今はWEB面接も普及してきたので、遠方でもWEB面接であれば移動の労力もなくなります。

最終面接は直接の面接になる可能性があるので、そこだけがリスクですがこれが安全策かもしれません。

拒否せずに退職

最初から転勤を拒否せずに退職することも選択肢としては全然大丈夫です。

その場合も今から転職活動をスタートしてください。

タカヒロ

退職後や退職の申し入れ後になってしまうと、それまでの時間がもったいないです。

それに、今からでも転職活動をしても会社的にも法律的にも何ら問題ないので安心してください。

もう退職に傾いているなら、本当に今すぐ転職活動を始めましょう!

↓「 今から動こう!転職活動には転職エージェントで」の章までジャンプ

もし今が転勤を命じられる前ならおすすめの対策

ライフプラン

まだ転勤の内示も受けておられず、転勤に対して不安を感じておられる状態だともっと動きに幅が出ます。

  • 事前に転勤にならないよう根回しする
  • 今から転職エージェントに登録して相談

事前に転勤にならないよう根回しする

まだ転勤の内示・辞令を受けていない状態なら、今から転勤にならないように根回しをできるだけしてみましょう。

具体的にはこのような事です。

  • 転勤するなら辞める
  • 転勤したら家族に影響が出る事を伝える(介護・子育て)

こういった事を事前に伝えておいて、貴方が転勤の候補に上がらないようにするという事です。

効果は分かり辛いですが、地味に効きますのでふとした時に同僚や管理職にそれとなく伝えられると良いですね。

今から転職エージェントに登録して相談

まだ転勤と言われていない今から転職エージェントに相談することをおすすめします。

タカヒロ

僕も同じように転職エージェントに相談しました。

転職エージェントに転勤が濃厚なんだけれど、転職活動はどうしたらいいかを相談してみました。

するとこの様に答えてもらいました。

転職エージェント

転勤の辞令が出る時に転勤か退職かを選べたらベストです。

転職エージェント

辞令のタイミングで新しい転職先が見つかっていると具体的に考えられます。

転職エージェント

そのため、辞令が出るまでに、今から徐々にスタートさせることがおすすめです。

僕のケースはこのようでしたが、あなたにはあなたのケースがあると思いますので別のコメントになるかもしれません。

こういった転職するか転勤を受け入れるかの相談もできるので、転職エージェントにはいまから登録して相談されることをおすすめします。

↓「 今から動こう!転職活動には転職エージェントで」の章までジャンプ

今から動こう!転職活動には転職エージェントで

ビジネスマン

転職サービスもたくさんありますが、転職エージェントの利用が圧倒的におすすめです。

無料で利用できるのですが、使わないと損することは間違いないです。

最短で1ヶ月で内定が決まることも

転勤を拒否して退職する事となったら有休消化の時間も限られていると思います。

退職までに転職先が決まると経済的にも助かるので早く次の転職先が決まるといいですよね。

できるだけ早く新しい転職先を見つけるためにも転職エージェントを選びましょう。

  • 書類の添削
  • 応募の支援
  • 面接対策

これらをしてくれるので、転職サイトを使って自分で応募するよりも受かる可能性とスピードがグンと上がります。

遠回りをして転職活動が長引くよりサクッと決まる方が絶対いいですよね。

早い人では1ヶ月で内定が決まる人もいますよ。

いい条件の転職が可能

転勤が嫌で転職する場合でも、今の会社と同じかそれ以上の好条件の転職を目指してください。

タカヒロ

生活レベルやキャリアを落とすような転職は誰でもできるので、最初から目指すのはおすすめしません。

こういったいい条件の転職を目指すにも転職エージェントが役立ちます。

転職エージェントには100万円程度のお金をかけても人を採用したい会社が求人を出します。

お金に余裕のある会社が求人を出すので、求人にハズレが少ないです。

それに、非公開求人なので一般的な転職サイトでは見つけられない条件の良い求人が見つかることも多々あります。

転職エージェントもあなたの希望に合った求人を紹介してくれるので、転職に失敗することが少ないです。

いい転職にするためにも、転職エージェントを使ってください。

おすすめはマイナビエージェント

転職エージェントはマイナビエージェントをおすすめします。

タカヒロ

20代や30代の転職に強いですし、何より転職初心者におすすめです。

転職するのってめっちゃ不安じゃないですか、こんな事自分にできるのかなって。

転職初心者に慣れてるエージェントなので、その不安な気持ちがわかってくれるので安心です。

今から登録を始めて、いい未来をつかんでください。

まずはここに登録でOK!

マイナビエージェント

【公式】https://mynavi-agent.jp/

 20代に信頼される転職エージェント№1

おすすめの理由

  1. 転職初心者にも親身に対応
  2. 業界・職種ごとの専門エージェントがいるので安心

一歩踏み出そう

ここまで読んでいただいてあなたが転職する人に該当していて、転職する気持ちになっていても不思議なことに行動されない方が多いです。

だるい、面倒、忙しいなど理由は様々ですが、今この記事をご覧いただいたのがチャンスです。

今行動しないと、面倒になってズルズル後回しになり結局転職活動をせずに不本意ながら転勤を受け入れる事になってしまいます。

転職活動のスタートは簡単です、転職エージェントに登録することがスタートなので構える必要はありません。

これすらもできない人が多いので、この記事をご覧いただいているあなたは是非行動される人になって欲しいです。

自分の人生を自分でコントロールして良くするためにも、一歩を踏み出してください。

マイナビエージェントの登録は下のリンクより登録してください。

マイナビエージェントはこちら

まとめ

転勤か転職かで悩むお気持ちにに対して、どうこうどうすれば良いかを僕なりにお伝えしました。

結論からすると、転勤と転職の双方のデメリットを考えた上で天秤にかけて判断されることをおすすめします。

それに、いきなり転職となっては準備不足で転職を失敗してしまう可能性もあります。

そのため、今から事前に少しづつ準備を進めておかれることをおすすめします。

まずはマイナビエージェントに登録から始めましょう。

まずはここに登録でOK!

マイナビエージェント

【公式】https://mynavi-agent.jp/

 20代に信頼される転職エージェント№1

おすすめの理由

  1. 転職初心者にも親身に対応
  2. 業界・職種ごとの専門エージェントがいるので安心
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる