▶おすすめの転職サイトはこちら

もう迷わない!転勤か転職で悩む貴方はこの行動をとれば間違いない!

コウヘイ

転勤を受け入れるか、転職するのか決められない!

長年勤めた会社だと、今辞めて新しい会社に転職するか悩みますよね。

今までのキャリアもありますし、とはいえ転勤で失うものも多いので悩まれていることかと思います。

当記事では、今お悩みの内容を整理して、どのように決断すれば良いかをお伝えしたいと思います。

目次

結論!転職活動をしつつ転勤に備えるのがベスト

結論からお伝えすると、転職活動をスタートさせて転勤の打診に備える事がベストです。

理由としては、もし転勤を拒否して退職してから転職活動をすると焦ってしまって準備がままならない可能性があるからです。

もちろん、今転勤と言われて転職活動をスタートさせるのも悪くはありません。

ですが、できるだけ事前に転職活動ができて転勤か転職かをある程度選べる段階にしておくことで現実的な選択を行なうことが可能です。

このような理由であるため、転勤か転職で悩んでいる今、まずは転職活動をスタートさせて事前準備を進めることがおすすめです。

僕はまだ転勤と言われていませんが、転勤と言われる可能性があるため転職エージェントに登録して事前準備を進めています。

転職を考えた人が最初に登録する転職エージェント!

転職を考えた方がまず登録する転職エージェントはリクルートエージェントです。

僕も2回転職活動をした際には最初に登録して、リクルートエージェント経由で内定も得ました!

非公開求人が9割で、転職の相談もできるので、まずは登録して面談してみましょう。

\登録・利用は完全無料/

転勤か転職する事に悩む理由

悩む

転勤か転職かどちらを選ぶにしろ「こんなはずでは」と後悔しない様にするべきです。

そうするためには、転職の心配事と転勤のデメリットを天秤にかけて転勤のデメリットの方が大きいと考えるならば転職という様な感じですね。

まず悩みの根源が何かを紐解きましょう。

転勤か、転職するか悩むポイントとどのように考えて行けばよいかをお伝えします。

  • 悩むところは転勤のデメリットと転職のデメリット
  • 転勤のデメリットが転職せず失う未来
  • 転職は新しい人生にチャレンジするチャンスでもある
  • 転勤で成り立つかも考える

関連:転勤は絶対嫌だ!メリット・デメリットの比較で見えた転職したほうがいい人

悩むところは転勤のデメリットと転職のデメリット

転勤と転職双方デメリット部分をお伝えしたいと思います。

転勤のデメリット
転職のデメリット
  • 単身赴任がつらい
  • 無駄な費用がかかる
  • 夫婦共働き
  • 車がある
  • 持ち家がある、買いたい
  • 友達がまったくいない土地
  • 恋人と離れてしまう
  • これまでの人脈の喪失
  • 退職金の減少
  • 年収ダウンの可能性
  • 転職後の人間関係の不安
  • 転職できるか不確実

端的にお伝えすると、転勤のデメリットは家族など自分の私生活に影響します。

それに引き換え、転職のデメリットは仕事部分に影響します。

KT

極論をお伝えすると、仕事を取るか、家族を取るかという事とも言い換えられますね。

しかし、そんな簡単な事ではないと思いますので別の章でもう少し深堀しますね。

転勤のデメリットが転職せず失う未来

転勤のデメリットは逆にいうと転職したら得られる未来になります。

スクロールできます
転勤のデメリット転職で得られる未来
単身赴任がつらい家族一緒に過ごせる
単身赴任では生活費が赤字になる生活費は変わらない
夫婦共働きが成り立たない夫婦共働きを続けられる
都会へだと車を手放す可能性車を売る必要もない
持ち家がある、買いたいが買えないマイホームに住み続けられる
友達がいない土地で寂しい友達関係は今のまま
恋人と離れてしまう(独身なら)恋人とも今のまま

転勤という岐路に立たされた状態の転職では、表の右側部分が転職することでのメリット部分になります。

通常の転職では、考えられない部分ですが転勤と転職を天秤にかけると転職のメリット部分が浮き彫りになってきます。

転職は新しい人生にチャレンジするチャンスでもある

転職にフォーカスしてお伝えすると、家族を大事にすると同時に自分の仕事のキャリアアップなどにもつなげられる可能性があります。

KT

例えば、今のスキル・経験を武器にして同業他社に転職するなどです。

また、年齢などの制限はあるかと思いますが異業種へのチャレンジもこの機会にできます。

なので、転勤と言われるタイミングが自分のキャリアを見つめなおして新たな道を踏み出すタイミングと考えてもいいですね。

転勤で成り立つかも考える

転職は転勤に対してはメリットが大きいのですが逆に、転職しなくても良いケースも考えるべきです。

KT

転職だけが選択肢になってしまうと良い判断とは言い切れません。

例えば1~2年で元の場所に戻してもらえるケースだと一時期は割り切って受け入れる事も選択肢の一つです。

転勤の経験が出世の条件になっている会社もあります。

例えば出世には転勤が必要で1年程度で戻れる事が約束されているのであれば、一度転勤を受け入れて出世街道を上って行かれるのも選択肢の一つです。

そのため、転勤の条件やメリット部分も天秤にかけて判断されることをおすすめします。

僕の場合は、出世は捨て出世での年収UP分は副業で稼ぐ事を心に決めているため転職します。

転勤か転職か、ケース別の判断方法

リスクの比較

悩みの種類によってもどう判断するか、迷われると思います。

転職・転勤の両面でどうなるのかを比較して判断基準にしてもらえれば良いと思います。

僕の転職経験を交え転職した際にどうなるかの不安・悩みについて実際どうなのかをお伝えします。

人脈・人間関係

人脈についてはこの通りです。

転職一からの人脈形成だが、また作れる
転勤社外は一から。社内は残るが、同僚が変わるためほぼ一から。
結論人脈作れる。人脈形成を頑張れるなら転職でOK

転職しても社内の関係はまた新しくできます。

KT

自分からコミュニケーションを取って行けば必ず何とかなると言ってもいいくらいです。

逆に転勤になると、社内の人間関係は残りますがお客様など社外の関係性はゼロからスタートになります。

そうなると、社内の人間関係だけが残るので、人脈形成の部分は転勤でも苦労はします。

転職後にしっかり人脈形成ができるなら転職しても全く問題ありません。

僕の経験としても、新しい会社では仲良くできるようにコミュニケーションを取っていけばいい関係性を数か月で築けました。

なので、人間関係部分で過度な心配は不要ですよ。

もし転職するなら

もし転職するなら会社の雰囲気は面接官の印象で決めても良いです。

温和、知的、威圧的などその会社の雰囲気を少なからず感じる事ができるので面接時に会社の雰囲気を感じてみて判断してみられると良いですよ。

年収ダウン・退職金の減少

転職で心配されるのは年収ダウンや退職金が今の会社より減少する事です。

転職年収ダウンの転職はしない。
年収が下がるなら生活レベルの見直し、副業。
転勤手当で見かけの年収は上がるが、単身赴任だと生活費が余計にかかり可処分所得は減少。
結論転勤での赤字を受け入れられないなら転職。
年収を維持できる転職をする事。退職金が減少する事を加味して生活を。
求人や応募時に転職エージェントと年収の相談はできる。

収入面でお伝えすると、転勤になり単身赴任を選択されると赤字収支になり可処分所得は下がります。

転職の場合は年収が下がる可能性もあります。

もし転職するなら希望年収をはっきり伝え、年収ダウンを防ぐ事

年収ダウンになりそうなら、生活費の見直しや別で収入を得るために副業をする事などが考えられます。

もし転勤で単身赴任を選択されるなら、収支が赤字になる可能性が高いのでそれを受け入れられるかを判断する必要がありますよ。

転勤した後に出世して年収が上がるなら長期的な視点で考えてみられるのもありです。

転職の不確実性

希望通りの転職ができるのか、不確実なところが不安要素であることは間違いありません。

KT

どうせ転職するなら年収、雇用条件、勤務地、仕事内容など希望条件を全て叶えたいですよね。

ですが、残念ながら完ぺきな転職はあり得なく、妥協するポイントがどこかに出てきます。

僕の場合は、転職して入った会社が転勤が当たり前の会社でした。それに年収も若干下がりました。

どこか妥協するところを見つける必要がありますが、できるだけ希望条件にあった会社に応募することが大事です。

転職の成功率を上げるには?

できるだけ要望が通るような求人を見つけ、年収を交渉するには転職エージェントを使う事が必須です。

  • 希望条件を叶えられる求人がある事
  • 条件の交渉をする事

これらが必要であるため、自分だけではどうしても探しきれなかったり、条件の交渉ができなかったりもします。

それらを補ってくれるのが転職エージェントなので、利用しない手はありません。

転職の不安要素を少しでもつぶしていくためにも転職エージェントを利用しましょう。

転職するときに役立った転職エージェント

ビジネスマン

転職を少しでも考えられるなら、転職エージェントに登録して準備を進める事をおすすめします。

自分の人生、選択肢が転勤だけに限られてしまうと選びようがありませんから。

転勤・転職の両方から選択できるよう、あらかじめ転職エージェントに登録して転職の準備を進めておきましょう。

転職エージェントを使う理由

  • 年収維持やUP
  • 相手の会社の雰囲気を探れる
  • 希望に合わせた求人を提案
  • 選考の通過率を上げられる
  • 完全無料

とこのように、転職エージェントは利用者によってメリット部分が多いです。

逆にデメリットとしては内定が決まった時に決断をせかされるくらいです。

転職エージェントは転職者の入社が決まった時に企業が成果報酬で費用を支払う契約なので、内定が出たらせかされる場合もあります。

そういった理由なので、無料で使えるというのがメリット部分ではあるのですが。

この様な仕組みがわかっていれば、せかされることにも対処して自分の判断基準を持って入社・断るを選べますので安心してください。

使って良かった転職エージェント

使って良かった転職エージェントですが、リクルートエージェントDODAマイナビエージェントです。

リクルートエージェントとDODAはまず登録するべきエージェントです。

最大手の2社なので、求人が集まっているためいい求人に出会いやすいです。

KT

なので、何も考えずにこの2社は必ず登録しますね。

もう1社を入れる理由は特定のエージェントにしか求人を出していない会社があるため、取りこぼしの無いようにするためです。

僕はマイナビエージェントをもう1社として選びました。

ですので、まずはリクルートエージェントDODAに登録。次にどこか別の転職エージェントに登録して活動を進めて行かれる事をおすすめします。

ちなみに、僕も転勤に備えてリクルートエージェントDODAに登録して準備を進めています。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

まずはここに登録!業界最大級の転職支援実績No.1の転職エージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

doda

転職者満足度№1!約10万件の求人からあなたに合う会社を

【公式】https://doda.jp/

JACリクルートメント

年収600以上のハイクラスの求人多数!薦めたい転職エージェント№1

【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビエージェント

20代に信頼される転職エージェント№1

【公式】https://mynavi-agent.jp/

まとめ

転勤か転職かで悩むお気持ちにに対して、どうこうどうすれば良いかを僕なりにお伝えしました。

結論からすると、転勤と転職の双方のデメリットを考えた上で天秤にかけて判断されることをおすすめします。

それに、いきなり転職となっては準備不足で転職を失敗してしまう可能性もあります。

そのため、今から事前に少しづつ準備を進めておかれることをおすすめします。

まずリクルートエージェントとDODAに登録しておきましょう。

リクルートエージェントはこちら

DODAはこちら

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる