▶おすすめの転職サイトはこちら

転勤は絶対嫌だ!メリット・デメリットの比較で見えた転職したほうがいい人

この記事でわかる事
  • 転勤のメリット・デメリットを比較しています
  • 転勤が嫌でもなかなか辞められない実情もお伝えしています。
  • 転勤が嫌で会社を辞める時のポイントをお伝えします。
コウヘイ

転勤が嫌だから、転勤と言われたら会社を辞める!

ヒロキ

でも、いざ辞めるにも踏ん切りが付かなさそう。

転勤は人生を大きく変える要素の一つです。

そのため、転勤を受け入れられるか否かは僕たちサラリーマンにとっても大きな選択の一つです。

結論から言いますと、転勤が嫌で辞めてもいいと僕は考えています。

転勤の多い会社で働いてきて、転勤で喜んでいる人を見かけたことがありませんし、僕自身も転勤は嫌な派だからです。

ですが、デメリット部分だけでは意見も一方的になるため、転勤が嫌だから退職してもいい理由を転勤のメリットもお示ししつつお伝えしたいと思います。

目次

【結論】プライベートを大事にする人は転勤より転職

転勤のメリット・デメリットを比較して出した結論ですが、家族・友人などプライベート部分を大事にされる方は転勤が嫌すぎるなら転職がおすすめです。

メリット・デメリットを比較してみました。

メリット
デメリット
  • 新しい仕事でスキルアップ
  • 出世につながる可能性
  • 嫌な人間関係をリセット
  • ご当地グルメなど新しい発見
  • 新しい友人や関係ができる
  • 単身赴任がつらい
  • 無駄な費用がかかる
  • 持ち家がある、買いたい
  • 友達がまったくいない土地
  • 恋人と離れてしまう
  • 夫婦共働き
  • 車がある

このように、メリット部分では仕事面が全面に。

デメリット部分ではプライベートへの影響のみで、仕事面でのデメリットはあまり考えづらかったです。

そのため、プライベート部分を我慢できるなら転勤、無理なら転職と考えて良いと僕は感じています。

ですが、すぐに転職するわけにも行かない事も十分わかります。

なので、求人を見てみたり、転職の相談だけでもしてみてはいかがですか?

特に、今の時代転職は当たり前になっていて、活動をしてみればわかりますが意外と求人も多いです。

転職エージェントというサービスでは無料で転職のプロとキャリアの相談ができますので利用できるものは利用しましょう。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

まずはここに登録!業界最大級の転職支援実績No.1の転職エージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

doda

転職者満足度№1!約10万件の求人からあなたに合う会社を

【公式】https://doda.jp/

JACリクルートメント

年収600以上のハイクラスの求人多数!薦めたい転職エージェント№1

【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビエージェント

20代に信頼される転職エージェント№1

【公式】https://mynavi-agent.jp/

転勤が嫌で辞めたいと感じる7つの理由

悩む

転勤が嫌で辞めたいと感じる理由は以下の7つがあります。

タカヒロ

主にプライベート部分が主な理由になっていますね。

  • 単身赴任がつらい
  • 無駄な費用がかかる
  • 夫婦共働き
  • 車がある
  • 持ち家がある、買いたい
  • 友達がまったくいない土地
  • 恋人と離れてしまう

単身赴任がつらい

まず結婚して家族を持っていらっしゃる方だと、単身赴任がつらいという理由が上げられます。

  • 妻・子供と離れ離れになる
  • 子育てにほとんど関与ができない
  • 支出が増えて家計が苦しくなる
  • 友人との関係も薄くなる
  • 家を買っていたらマイホームに住めない

このように、プライベート、特に家族関係はずたずたになってしまいます。

そのため、家族関係を維持するために毎週帰るための交通費がかかってしまうなど、余計な出費もかかります。

タカヒロ

僕の先輩のケースでは、毎回帰宅するたびに1歳児の息子に顔を忘れられていて、人見知りされると嘆いていました。

他にも子育てや家事が奥さんのワンオペになって精神的にまいってしまわれたりと、本当にツラそうだったのを覚えています。

これは一例ですが、単身赴任では家族に大きな負担をかける事になりますので、転勤は嫌だという理由になりますね。

無駄な費用・労力がかかる

転勤では転勤しなければ発生しなかった費用や労力がかかります

単身赴任の場合

  • 家電などの費用
  • 単身赴任先の生活費
  • 帰省費用

家族一緒に動く場合

  • 引越し費用
  • 家族の住所変更などの手続き関係
  • 新しい住居での家賃

転勤先の家賃や引越し費用はだいたいが会社が負担してくれる場合があります。

タカヒロ

引っ越し費用は全額、転勤先の家賃はその会社の規定によります。

ですが、例えば単身赴任の場合ですと単身赴任手当が出ますが、家族と自分の2拠点分の生活になるので、手当だけで自分の生活は成り立ちません。

1ヶ月手当で10万円くらい出るなら別ですが、2~3万円程度で成り立つ分けがありません。

家族が一緒に転勤先についてきてくれる場合でも、家族全員の住所変更だったり、保育園の入園費用を新しい場所でも必要だったりと会社からは見えないところでお金はたくさんかかります。

タカヒロ

会社都合で転勤なのに、無駄な費用がかかってしまいます。

それでいて単身赴任にしろ、転勤先についてきてもらうにしろ、家族には負担をかけるので意味がわかりません。

関連:単身赴任の家計は赤字でやばい!貴方は苦しい二重生活に耐えられるのか?

夫婦共働き

さらに困るケースが夫婦共働きの時に転勤と言われたらどうするか問題です。

ご家庭の中には夫婦共働きだから生活が成り立っているところもあると思います。

ですが、転勤となるとその生活・年収を維持するには単身赴任にしなくてはなりません。

単身赴任になると、家事のワンオペになりどちらかが疲弊してしまいます。

付いてくるなら、仕事を辞めるか転職する必要があります。

タカヒロ

「生活を維持→単身赴任→育児ワンオペ→疲弊」というケースも十分あり得ます

ただ、例えばですが、夫の転勤毎に妻が転職を繰り返していたら、妻のキャリアはストップしてしまいます。

このように、どうしたらいいか判断が難しいです。

家族を大事にしたいなら(そうだと思いますが)、やはり転勤を受け入れずに辞めて新しい会社に転職するのが良いと思います。

もしくは、転勤拒否ができないかを模索して見られる事も方法の一つだと思います。

関連:共働きで単身赴任は家族が限界になり超辛い!事前の転勤対策を!

車を所有している

車を持っていて、東京などの都心へ転勤と言われた際にも困ります。

何故かといいますと、都心は駐車場代だけで数万円して家計を圧迫するからです。

そのため、駐車場代だけで出費がとても多くなってしまうので、泣く泣く愛車を手放す方が多いですね。

タカヒロ

僕も東京へ行くことになった時には初代マーチを手放しました、寂しかったです。

苦労して買った車も、転勤を理由に手放すと悲しいです。

それに、例えば購入してすぐの場合だと目も当てられません。

何故かというと、手放す時には買った価格よりも安い金額で売る他ないからです。

そうなると、ただただ損した気持ちにしかなりません。

持ち家がある、買いたい

マイホームやマンションを持っている、もしくは買いたい方も転勤は困ります。

何故かといいますと、以下の問題があるからです。

  • 所有済み:転勤で今の家をどうするか問題
  • 購入したい:どの土地で買うか・転職したら住宅ローンが通らない

すでに買っている場合は、その家をどうするかの問題が出てきます。

逆にまだ家を買っていない場合も、家を買えないといった問題があります。

この買えないは2つのケースがあって、転勤で家を建てる場所を決められないケースと、転勤が嫌で退職すると数年間ローンが組めないというケースの2つがあります。

建てる場所を決められない

1つ目の家を建てる場所のケースは転勤が続くと、どこに腰を据えるかが決められなくなりますよね。

大阪で家を建てたいのに、東京に転勤になってしまっていつ戻って来れるかわからない・・・など、建てる場所に困るケースです。

退職すると住宅ローンが通らない

もう一つは転勤が受け入れられなく退職したら住宅ローンの審査が数年間おりないケースです。

住宅ローンは銀行がとりっぱぐれが無いように貸す事が前提なので、数年間1つの会社で働いている実績がないと審査に通してくれません。

僕もマイホームを考えた時にハウスメーカーの営業さんと転職の事を相談したのですが、同じ事を言われて、マイホームを買うなら転職前だと言われました。

理由はもちろん住宅ローンの審査が通らないからです。

このように、転勤ではマイホームを買いたい人にも影響が出てきますので、困ってしまいます。

関連:家を買ったら転勤って本当?マイホームを理由に退職も人生の選択肢!

友達がまったくいない土地

転勤では自分も家族も友達が全くいない土地になる可能性があります。

転勤すると、今の土地で付き合ってきた友達とは会う頻度がほとんど無くなります。

タカヒロ

これまで良い関係を築いて来たものがほとんどゼロになってしまうわけです。

新たに友達を作れば良いという考え方もあるのですが、友達づきあいの深さはやはり重要だと感じます。

同じような付き合いのできる人が新たにできるわけでもありません。

しかも、年齢を重ねるごとに友達を作るのには苦労します

なので、友達がいない土地に転勤になると寂しさも覚えますので、とても辛いですよ。

関連:転勤したら友達がいないし超寂しかった実体験!友達って大事だと痛感しました

恋人と離れてしまう

まだ独身の方で恋人がいる方も大変です。

転勤になると、もれなく以下の選択肢になります。

  1. 遠距離恋愛
  2. 別れる
  3. ついてきてもらう(結婚)

どれにしても、一大イベントでまだ続けたいけど結婚まで踏ん切りが付かないという状態なら遠距離恋愛になるでしょう。

僕の友達も同じケースで東京から大阪に転勤になった際、東京の彼女とは遠距離恋愛をしていました、ですが結局は別れてしまいましたが。

このように、身軽だと思う独身でも人間関係の整理が必要になるので、転勤ってやはりキツイと思います。

転勤を受け入れた時のメリット

ビジネスマン3-min

転勤のデメリットばかりをお伝えしましたが、転勤のメリットという点についても言及します。

転勤にもいくつかメリットがあります。

タカヒロ

デメリットと比べて仕事関係でのメリットが多いですね 

  • 新しい仕事でスキルアップ
  • 出世につながる可能性もあり
  • 嫌な人間関係をリセット
  • ご当地グルメなど新しい発見がある
  • 新しい友人や関係ができる

新しい仕事でスキルアップ

転勤で新しい仕事や人間関係になることで新たな経験ができ自分のスキルアップに繋がることがあります。

例えば、営業から人事に変わると全く違う仕事になり、新たな視点で仕事をすることになります。

そうすると、これまで使っていた力とは別の力を使い仕事をするため、ゼネラリストとして適用能力が上がるなど、スキルアップにつながります。

他にも、関西の営業から関東の営業に転勤になると、お客様が変わります。

同じ営業でもお客様が変わればやり方などが変わってきますので、営業としてのスペシャリストとしてスキルアップにつながります。

これまでの環境とガラッと変わりますので、嫌が応にもこれまで通りの仕事の仕方はできません。

そのためストレスはかかりますがそれだけ成長のできる環境に身を置くということになります。

会社や配属先によって変わりますが、これがスキルアップになる可能性があるのでメリットの一つです。

出世につながる可能性もあり

転勤先の仕事内容により、幅広い仕事ができるゼネラリスト1つの職種の専門家のスペシャリストになり、出世につながる可能性があります。

転勤では大きくまとめると別の組織に入る事になります。

キャリアを積んでくると会社の複数の組織で経験を積むため、出世につながる事が期待できます。

会社としても、複数の部署で経験があり理解や顔が聞く人が上に居ると組織運営も安定しやすいです。

なので、転勤して複数部署を経験していると出世する候補に入る事もあり得ます。

タカヒロ

僕の会社でも、「上に行くためにいろんな部署を経験して欲しい」と上司からは言われます。

出世か、転勤か・・・悩みます。

嫌な人間関係をリセット

転勤をすると嫌な人間関係をリセットしてゼロからスタートできるというメリットもあります。

これは単純な話で、転勤すると全く人間関係が変わるのでこれまで嫌だと思っていた人と物理的にも、仕事的にも離れることができるからです。

営業だと嫌なお客様から逃れられる事にもなりますし、同じ組織内の苦手な人とも距離を取ることができます。

なので、今の人間関係が嫌でしょうがない人は転勤はメリットなのかもしれません。

ご当地グルメ・観光など新しい発見がある

プライベートな話ですが、転勤先のご当地のグルメや観光を楽しむことができます。

タカヒロ

旅行すればいいというのが端的な話ですが。

ですが、いざ行こうと思わない土地もありますので、それを無理やりでも転勤と言う形で行くと自分の価値観以外のグルメや発見がありますよ。

僕も東京や愛知県に行くとは全く思っていませんでしたので、各地でいい経験ができました。

独身だといいかもしれません。

新しい友人や関係ができる

転勤先で新しい友達ができる事もメリットです。

趣味の集まりなどで交流を深めると、新しい土地でも友達はできますよ。

ただし、自分から努力しないといけません。

何もしないで仕事と家の往復では友達はできません。

趣味の集まりなど、新しいつながりのある場所を求めて参加すると新しい友達もできますよ。

転勤は拒否できるのか?

転勤と内示で言われた際に、それを拒否できるのかをお伝えします。

  • 基本的には拒否できない
  • 拒否できるケース
  • 転勤の確率を下げる方法

基本的には拒否できない

転勤ありの総合職で入社している場合は、基本的には転勤の拒否はできません。

タカヒロ

転勤ありの条件で入社している以上、拒否は不可能です。

教科書通りの回答なのですが、これはしょうがないです。

でも、抜け道はあります。

拒否できるケース

でも中には拒否できるケースもあります。

例えばこういったケース

  • 家族の介護がある
  • 育児ができない

など、といった正当な理由があると拒否を受け入れてもらえるケースがあります。

ですが、100%では無いので、注意です。

転勤の確率を下げるには?

一番やっておきたいのが、転勤の打診がある前に転勤の芽を摘む事です。

タカヒロ

いわゆる根回しです。

例えば、周りの人に「転勤になったら辞める」と言っておくことも方法の一つです。

それがまわりまわって、人事権のある人の耳に届き、転勤させる事を躊躇させる要因の一つにできるからです。

ですが、これもあくまで確率を下げるのみ。

「転勤あり」で入社している以上、会社が転勤を言い渡してくる場合もありますので、確率を下げる方法の一つとして考えてください。

転勤が嫌で辞める決心が付かない理由

転勤は本当に嫌ですよね、それでもまだ会社を辞められない理由って正直ありますよね。

  • 今の仕事や人間関係に不満が少ない
  • 転職できるか不安
  • 転職した後に後悔しないか不安

今の仕事や人間関係に不満が少ない

まず、転勤は嫌だけれど今の仕事や人間関係には不満が少ないケースです。

タカヒロ

僕もこのケースですが、辞める理由がないんですよ。

どうせならずっとこのまま居続けたいというのが本音です。

転職できるか不安

2つ目の理由としては、本当に転職できるのか不安なケースです。

今の会社と同じかそれ以上の条件で転職したいのが本音ですし、それ以外に希望があれば叶えたいですよね。

言い出したらきりがないですが、最低限ここだけは譲れない条件で転職できるかが不安のポイントです。

これは転職活動をしてみないとわかりません。

転職活動するだけなら特に今の会社にも支障はありませんので、今からでもスタートして遅くはないと思いますよ。

転職した後に後悔しないか不安

転勤が嫌だから転職して、「転勤があっても前の会社の方が良かった」と後悔しないかも不安要素の一つです。

タカヒロ

年収が大幅に下がってしまい後悔・・・というケースも十分に考えられます。

なので、転職後に今の会社に居たらよかったという後悔を持たないように転職活動をする方がいいですよ。

焦って転職先を決めて失敗してはいけませんので、早め早めの転職活動スタートが望ましいですよ。

転勤に備えた準備はいつから?

転勤と言われるタイミングに備えた準備はいつから始めたらいいのか、お伝えします。

  • 内示・辞令の時期までにはスタート
  • 辞令がでている場合

内示・辞令の時期までにはスタート

準備は内示や辞令が出てからでは少し遅いです。

せめて、内示が出る前までにはスタートしておいた方がいいですよ。

内示は1ヶ月前、辞令は半月前か当日に発令されます。

会社によって、転勤など大きな異動の時期があると思いますので、それを目安にして準備すると良いですよ。

辞令がでている場合

辞令がすでに出てしまってからは、もう準備のしようがありません。

まずは転勤するか、即辞めるかのどちらかになります。

なので、今のうちから準備することが重要ですよ。

転勤がない・少ない業界や職種はないの?

業界や職種を選ぶ時に、転勤が少ない業界や職種はないのか、調査しました。

  • 転勤の少ない業界・会社
  • 転勤の少ない職種
  • 転勤の多い業界・会社
  • 転勤の多い職種

転勤の少ない業界・会社

転勤の少ない業界は以下の業界です。

  • 鉄道・ガス・電気・水道
  • 保険
  • 不動産
  • IT
  • ベンチャー企業・小規模な会社

これらの会社は少ない印象です。

イメージとしては、鉄道・ガスなど地域に限定される企業や、ITの様に転勤の必要性がない会社ですね。

転勤の少ない職種

転勤の少ない職種はバックオフィス側の職種です。

  • 経理
  • 法務
  • 人事
  • IT

など、バックオフィス部門の職種だと転勤は比較的少ないです。

転勤の多い業界・会社

逆に転勤の多い業界は以下になります。

  • 銀行
  • メーカー
  • 商社
  • 全国に支社がある大企業

銀行は友人が勤めていますが、本当に転勤が多いです。

特にメガバンクは全国各地に転勤だらけだと思っておいてもいいと思います。

メーカーも転勤が多く、僕もそうですが転勤ありきで考えられてしまう業界ですね。

転勤の多い職種

転勤の多い職種は以下の職種です。

営業

営業はお客様に近いところに居て仕事をする事が求められます。

そのため、全国に支店がある会社の営業は全国転勤の可能性が非常に高いです。

僕も営業ですが、異動の時期になると何人かは同じ支店から転勤になっているのを見ると、転勤が多い職種だなと感じます。

転勤が嫌で辞める時の転職活動のやり方

ビジネスマン

転勤が嫌で退職しようと決意されたなら、その時の転職活動のやり方にも少しポイントがあります。

  • 退職理由に注意!
  • 上手な転職・退職理由の言い方
  • 転職活動は早めに準備を!

退職理由に注意!

まず、退職理由には注意しましょう。

「転勤が嫌で辞めました」とそのまま伝えてしまうと、転職活動の時にマイナスに働く可能性すらあります。

本当の理由はそれでいいのですが、退職理由を伝える時にはその他に不満に捉えている理由を考えて伝える方がいいですよ。

上手な転職・退職理由の言い方

転勤が嫌で退職するとき、他の上手な退職理由としては以下が使えます。

  • キャリアアップを狙う
  • 会社の業績・事業への疑問・不満
  • 新しい事へのチャレンジ
  • 自分のキャリア形成のため

このように、前向きな理由を全面にして転職を決意したと伝える方がいいですよ。

転職活動は早めに準備を!

前の章でもお伝えしましたが、転勤の内示や辞令が出てからでは転職活動を行なうには後手になってしまいます。

  • 転職の軸を作る
  • 転職理由などを話せるように組み立てる
  • 自分の希望に合った会社が無いかを探す

といった準備は転職を完全に決めていなくてもできる事です。

やってみるとわかりますが、前向きな転職理由を考えるのにも非常に時間がかかります。

いざというときの備えに、事前準備をしておかれることをおすすめしますよ。

タカヒロ

この記事をご覧になられたらすぐ取り掛かってもいいくらいです。

事前準備をするためには、転職の相談にも乗ってくれる転職エージェントに登録されるのをおすすめします。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

まずはここに登録!業界最大級の転職支援実績No.1の転職エージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

doda

転職者満足度№1!約10万件の求人からあなたに合う会社を

【公式】https://doda.jp/

JACリクルートメント

年収600以上のハイクラスの求人多数!薦めたい転職エージェント№1

【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビエージェント

20代に信頼される転職エージェント№1

【公式】https://mynavi-agent.jp/

まとめ

転勤が嫌だから会社を辞める事について、転勤のメリット・デメリットをお伝えしつつ辞めるならどうしたらいいという事をお伝えしました。

家族や友人を大事にされている方ほど転勤は嫌だと感じてしまいますよね。

お気持ちはとてもわかりますので、転勤の少ない、もしくはない会社への転職を考えられても良いですよ。

転職エージェントは相談だけでも利用OKです。

無料で利用できますので、まずは登録して転職エージェントと一緒に自分のキャリアと向き合われる事をおすすめします。

おすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

まずはここに登録!業界最大級の転職支援実績No.1の転職エージェント

【公式】https://www.r-agent.com/

doda

転職者満足度№1!約10万件の求人からあなたに合う会社を

【公式】https://doda.jp/

JACリクルートメント

年収600以上のハイクラスの求人多数!薦めたい転職エージェント№1

【公式】https://www.jac-recruitment.jp/

マイナビエージェント

20代に信頼される転職エージェント№1

【公式】https://mynavi-agent.jp/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる