電車で本を読むと酔う…それでも読書をするための簡単な方法

 

電車などの移動時間に本を読みたいけど酔っちゃうんだよな・・・

少しでも空いた時間を効率的に使うためには、電車は移動だけの手段にするともったいないです。

タカヒロ

片道1時間だと、往復2時間になるのでそれだけの時間が無駄になります

なので、本を読むのはおすすめなのですが、体質によって電車で本を読むとどうしても酔ってしまう方もいらっしゃいます。

本を読みたい、だけれども酔ってしまうから本が読めない。

そんな方に、どうしたら電車で本を楽しめるのかをお伝えしたいと思います。

目次

電車で本を読むと酔ってしまう理由

電車で本を読むと酔ってしまう理由は本と体が違う揺れ方をするので酔ってしまうのです。

バスの座席に座って本を読む行為は乗り物酔いが起こりやすいので、これで具体的に説明します。頭、体、手、目は不規則に揺れており、カーブでは揺れがひどくなります。本を持つ手が揺れますので、本が揺れます。揺れている本の字を本とは違う揺れ方をしている目で追います。この時、内耳や目には大きな加速度負荷が加えられ、著しい平衡機能障害を起こしています。この状態で吐き気や嘔吐などの自律神経症状が現れた時が乗り物酔いになります。突然、自律神経症状が現れますが、実は平衡機能障害に自律神経症状が伴っただけです。

引用:乗り物酔い研究室
  • 体と本の揺れ方が違う
  • 体が誤作動を起こしてしまう

こういう原理です。

原理が分かったところで、どうしたら電車で酔わずに読書できるのかをお伝えしていきますね。

効果はあるけど現実的ではない対策

電車で酔ってしまう事に対して効果はあるものの、「電車で本を読む」という目的からは外れてしまう対策方法をお伝えします。

そういった意味で「効果はあるけれども」という言い方になっています。

対策1:酔い止めを飲む

ありふれた回答ですが、酔い止めを飲むのが対策の一つです。

私の奥さんは乗り物酔いしやすいので、ロングドライブとかでは酔い止めを飲みます。

でも、正直電車は毎日乗るくらい身近なものですから、そのたびに酔い止めを飲むのはあまり良策とは言えません

タカヒロ

通勤で電車に乗るなら、毎日飲まなくてはいけませんので薬漬けになってしまいます・・・

ですので、あまりいい策とは思えません。

対策2:本を読まない

電車で本を読んで酔ってしまうのなら、本を読まないというのも方法の一つですね。

タカヒロ

本がそもそもの原因なので、原因をつぶしこむ事になりますね

本を読まないと酔わないかもしれませんが、もちろん目的であった本が読めません。

つまり元も子もない方法になるわけです。

こうなると、酔わずに手元で何も見ずに本を読むというアプローチに変わってくるわけです

電車で酔わずに本を読む方法

大丈夫

酔わずに本を楽しむための現実的な方法を考えていきたいと思います。

先ほどの酔い止めを飲むのは、毎日乗る電車だとずっと薬を飲まなくてはならなくなるので現実的ではありませんでしたよね。

実生活に溶け込む感じで、どうしたらいいかをお伝えしていきますね。

方法1:駅のホームで読む

1つ目の方法としては、電車に乗る前の駅のホームで本を読むという方法です。

タカヒロ

これなら、電車の中で揺られることもありませんし、手元でしっかりと本を読むことも可能です。

ですが、この方法については難点があります。

それは、電車の待ち時間にしか読めないという事です。

ホームで本を読むときの難点
  • 電車の待ち時間が短い場合が多い
  • 都会だと、良くて15分ほど

ホームで電車を待つ時間なので、そこまで時間が確保できるとは言えません。

私の実家の地域は1時間に1本の電車だったので、そういった方はホームでの待ち時間にたくさん時間があるかもしれませんが、都会だと良くて15分くらいが限界ですかね。

方法2:オーディオブックに変える

電車で酔いやすい方が本を読みたいなら、一番良いと思うのはオーディオブックで本を聞く事です。

  • 手元を見ないから酔いづらい
  • 耳で聞きながら本が楽しめる

このように、酔ってしまう原因を排除しつつ本を楽しむ事ができます。

私もオーディオブックで通勤電車に乗りながら本を聞いているのですが、外の風景に目をやりながら耳で聞けるので車内で本を読むのとは全然感覚は違いますよ。

おすすめのオーディオブック

おすすめのオーディオブックをご紹介します。

スマホで聞けるので、どちらもお勧めですよ。

オーディブル

項目詳細
料金/月1500円
タイトル数40万タイトル以上
無料体験あり
特徴本の返品が可能

オーディブルはAmazonが運営しているオーディオブックです。

このように、書店で平積み去れている本もラインナップに入っているので、オーディオブックで読みたい本がすぐ見つかると思いますよ。

\ 登録は簡単 /

audiobook.jp

項目詳細
料金/月750円
タイトル数1万タイトル以上
無料体験あり
特徴読み放題プランあり
本の返品は不可
ビジネス書に偏っている

オーディオブック.jpもオーディオブックの中では有名なものです。

オーディブルと一緒に無料体験して、いい方を継続して続けられると良いのかと思いますよ。

\ 登録は簡単 /

まとめ

電車で本を読んで酔ってしまう方が、どうやって電車で本を楽しめばよいかをお伝えしました。

  • 駅のホームで読む
  • 車内はオーディオブック

車内で酔わないためには手元の本を読むとNGなので、何とか手元を見ないようにしなくてはいけません。

なので、電車内でも読書をしたい方はオーディオブックを活用されることをおすすめしますよ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる