付き合い残業はただの無駄!嫌なら断って定時ダッシュできる人材になろう!

「付き合い残業」という言葉、ご存知でしょうか?

文字通り人に付き合って残業をすることですが、これはたちが悪いと思います。

自分がやっていることが付き合い残業だとわかっていても、なかなかそれを止められないことも多いです。

それは、日本の企業文化や、これまでの会社員生活で誰しもが感じていることなのではないかなって感じますね。

ですので、この記事では付き合い残業はどういうもので、どうしたら付き合い残業から解放されるのかをお伝えいたします。

残業について、肯定的な意見も否定的な意見もあると思いますが、私は「自由な時間を持ちたい!」という気持ちがありますので、残業については否定的な意見です。

そういった視点で書いていますので、不快に思われる方はこのままページを閉じられる事をおすすめします。

目次

付き合い残業って何?

付き合い残業とは、明確な定義はありませんがこのような残業の事を指します。

  • 自分に仕事がないが残業している
  • 上司・同僚が帰らないから自分も帰らない

簡単にお伝えしますと、自分は残業する必要が無いのに周りの同僚に気を遣って残業をする事です。

はっきり言って、無駄な残業なわけです。

しかも、みなし残業制をとっている会社(私の会社もそうですが・・・)では、残業時間が無駄でしかありません。

なので、特に残業しても残業代が出ない職種の方にとっては非常に意味のない時間になります。

仕事を片付ける必要があり行う残業とはわけが違います。

付き合い残業がなぜ無駄なのか

仕事量が人によって違う

仕事量は人によって違います。

  • 同じ職種
  • 同じ会社
  • 同じ課内

こういった同じような状況でも全く同じ仕事をしている人っていないと思います。

私の同僚も、同じ課で営業をしていますが得意先も違いますし、対応している案件も全く違います。

それに、力量も人によって全然違いますからさばけるスピードや量も違います。

なので、その人の力量に合う仕事量だと残業をせずに済みますが、キャパを超える量だと残業になります。

付き合い残業をしても、残業する人がすでに仕事を終えているのであれば意味がありません。

気づかいで残っていても意味がない

気づかいで残業しても、まったく生産的ではありません。

後輩の面倒を見るためだったり、理由がはっきりしているものは意味はあります。

ですが、「誰かが残っているから自分も残る」というレベルの残業では残業をする意味がありません。

そもそも、残業はその日に終えられなく、その日中に片付けなければならない仕事をするために行う事だと思っています。

なので、付き合い残業はその意図から全く離れてしまうと思うからです。

みなし残業制ならなおさら意味ない

残業代が申請通りに支給されるのであれば、給料を稼ぐためという理由になるのでまだわかります。(それでも会社からすると無駄なお金ですが・・・)

しかし、月に残業代は固定で〇〇万円と決められているみなし残業制の会社だと、いくら残業をしても給料は増えません。

無駄に時間を消費して、しかも残業代ももらえない・・・

みなし残業制の会社で付き合い残業をすると本当に無意味な時間を過ごすことになりますので私はおすすめできません。

付き合い残業がなくならない理由

仕事を丸投げ

では、なぜそんな無駄な付き合い残業がなくならないのか。

私が会社で感じるその理由をお伝えしていきたいと思います。

上司・同僚より先に帰りづらい

上司や同僚が仕事をしていると帰りづらいから残ってしまうというのが理由の一つです。

この理由、何となくわかります。

忙しそうな先輩が仕事をしている姿を横目に先に帰宅するのって意外と気を遣います。。。

ですが、これは割り切った方がいいと経験的に感じました。

逆に自分が忙しい時もありますので、上司や同僚が忙しい時に手伝えるならまだしも、付き合って残業をする理由はありません。

なので、手伝えないのであればさっさと帰るようにしましょう。

定時後の「何かお手伝いする事ありますか?」

社会人になりたてのころに帰宅する際に教わる「何かお手伝いする事ありますか?」の文言も付き合い残業の温床になります。

話の分かる先輩や上司なら「いや、大丈夫。帰っていいよ」って言ってくれますが、そうでない方になると何か仕事を探されます。

入社したての段階だと、このように配慮してもいいですが慣れてきて自分で仕事をこなせるようになってきたら人の仕事に気をかけている余裕はなくなります。

そういった段階になられたら、この「何かお手伝いする事はありますか?」は聞かなくてもいいなと感じますね。

付き合い残業を無くすと生まれるメリット!

ワークライフバランス

プライベートの時間ができる

当然ですが、付き合い残業の時間が無くなると自分のプライベートの時間をとることができます。

1日30分の付き合い残業を自分の時間に出来るとこんなことができます。

  • 読書
  • YOUTUBE1本見れる
  • 自宅でゆっくり
  • 帰宅中に買い物ができる

1日30分の時間が確保できれば、1ヶ月を20日とすると600分=10時間の時間が確保できます。

例えば付き合い残業の時間を読書に当てると1冊読めてしまうくらいの時間になります。

それだけ、無駄な時間を浪費しているって事ですね。

無駄な事をしているストレスが減る

意味のない時間を過ごしていると、とてもストレスを感じます。

タカヒロのアイコン画像タカヒロ

俺はなんて無駄な時間を・・・と自己嫌悪です

この無駄な時間を過ごしている時、私はストレスを感じます。

仕事が忙しくて残業をするときはしょうがないと感じますが、残っている人に付き合うような残業については本当にストレスです。

こんなエピソードも

過去にめちゃくちゃストレスを感じた残業をしたことがあります。

違う支店で勤務している部長が私の勤務している支店に出張で来られました。

私の上司は当日に「飲みに行くから残ってくれ」と言われ定時が終わっても残っていました。

上司と部長は会議室で打ち合わせをしていたのですが、定時になっても全く出てくる気配がありません。

そのまま1時間、2時間と待ちましたが何も連絡なし。

20時になってたまりかねて「今日は失礼します」とお伝えして帰宅しました。

無駄な時間を過ごした嫌な記憶として残っています。

このように、自分の時間を無駄に使われてしまう事に私は非常にストレスを感じるので、付き合い残業という無駄な時間はストレスです。

ですので、このような意味の分からない時間が無くなることでストレスは軽減できる方は多いのではないかと感じます。

付き合い残業を無くす方法

心を決めて定時ダッシュをする

付き合い残業を無くすには、心を決めて定時になったら帰ることです。

単純ですが、これが一番効果ありです。

  • 時間になったら帰る
  • 明日に回せる仕事は明日やる
  • そのうち、みんな「定時で帰る人」と認識し始める
  • 仕事の依頼なども定時内になる
  • 定時で帰れるようになる

と、こんな感じでいい感じに回り始めます。

一番大事なことは、「周りの目を気にしない事」です。

付き合い残業が一般化している部署では帰りづらいですが、周りに合わせて帰らないとズルズルと残業になってしまいます。

みんなが定時に帰る環境が整うのを待っていると、おそらく60歳になっているでしょう。

それくらい、企業文化は変わりませんので、まずは自分が定時になったら帰るように心がけてみてください。

タカヒロのアイコン画像タカヒロ

私も実践していて、よっぽど仕事が残っていない場合は定時後20分以内には退社しています。

定時で帰るポイント

定時で帰るためには、業務時間内にかなり工夫しなければいけません。

  • 作業の効率化
  • 仕事をさばくスピードを上げる
  • 無駄な会議などを減らす
  • 意思決定を速やかに行う

など、仕事がとてもできるようにならなくてはいけません。

仕事がちゃんと片付いていないのに、権利だけ主張しないように気を付けてください。

転職

自分の力でいくら業務を効率化して、定時に帰宅できるようにしても周りから付き合い残業を強要される場合は困ったものです。

そういう職場に耐えられないなら、転職も視野に入れる事をおすすめします。

自分の時間は限りがあります。

その時間を少しでも無駄にしたくない、有効に使いたいと思われるのであれば、付き合い残業が文化になっていないような会社に働く場所を変えることも選択肢の一つですよ。

本当にそういうところがあるかは、探してみないとわかりません。

おすすめは転職エージェントが居るところでしっかり事情を伝えて、不合理な残業が無いところを紹介してもらう事をおすすめしますよ。

まとめ

付き合い残業が嫌でしょうがない方に向けて、付き合い残業がなぜなくならないか、どうしたらなくせるかなどをお伝えしました。

  • 付き合い残業は本当に不要
  • 限りある自分の時間を大切にするには付き合い残業はしない
  • 方法は定時で帰るように努力する事
  • どうしても周りの環境が悪ければ転職もOK

簡単にお伝えしましたが、自分の時間は有限ですから無駄にはできません。

家族や友人など大切な人と過ごす時間や、自分の目標に向けた努力のための時間などに当てられるように少しづつ自分を変えていってみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる